仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 合同会社ジェイドキャット 代表社員 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

「おもてなし規格認証」を取っておくといいことがある?

2017年2月12日
サービス品質を「見える化」するための国の施策として、「おもてなし規格認証」があります。
 
 
先日、「おもてなし規格認証2017」として、「★(金認証)」「★★(紺認証)」「★★★(紫認証)」という上位認定も加りました。
 
「おもてなし規格認証2017」の登録サイトにアクセスして、自社の取組項目にチェックすると「おもてなし規格認証2017」マークと登録証がもらえます。
 
マークや登録証は、店頭などに掲出することができますので、みなさんが提供するサービスの品質や取組のPRにつながります。
 
 
先日ご紹介したIT導入補助金では、この認証の有無が審査に影響するようです。
 
また、これらの認証を取得することで、日本政策金融公庫などの政府系金融機関から低利融資が受けられる制度も今年の春からスタートするようです。
 
 
国としてはこの認証を推していく方針のようなので、まずは無料の紅認証を取っていただくのがよいのではないでしょうか。
 
詳しくは以下の「おもてなし規格認証」のウェブサイトをご覧ください。
https://www.service-design.jp/

Facebookのなりすましに引っかかってしまった件について

2017年2月7日
先日、自分のFacebookには書いたのですが、Facebookのなりすましに引っかかり、LINEアカウントが乗っ取られてしまいました。
 
その結果、私のなりすましからLINEで多くの方に「近くのコンビニでBitCashのカードを買ってきてほしい」という、一時期流行(?)した詐欺メッセージが行ってしまいました。
 
ご迷惑をおかけした方には改めてお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした。
 
 
一応、「ITに詳しい人」というポジションで活動しているにも関わらず、みごとに引っかかってしまったというのは正直恥ずかしいです。
 
事の経緯としては、仕事で時々やり取りのあるFacebook上の友達からのFacebookメッセージでした。
 
「今忙しい?そちらの携帯で検証コードメッセージを受け取ってくれる?」
 
その友達もIT系には強い方でした。
私はこれを見て、何か開発中サービスのテストの協力でも依頼してきたのかな?と思ってしまいました。
 
昔、開発の仕事をしていたころは、似たような話が実際にあったこと、そしてそれを送ってきたのが「IT系に強い」方だったため、すっかり信じ込んでしまいました。
 
これが全然ITと関係ない方からのメッセージだったら、疑問を抱いたのでしょうが・・・
 
その方(実際はその方のなりすまし)に対して、携帯番号とそれを使ってLINEから発信させたと思われる認証コードを送ってしまったあと、なりすまし相手が私のLINEアカウントに携帯認証を短時間で繰り返すことでログインできなくさせ、見事に乗っ取られてしまいました。
 
そしてそのあとは冒頭で書いた、
「今忙しい?ちょっと手伝って欲しいんだけど」
「近くのコンビニでBitCashカードを何枚か買ってきて欲しいんだけどいいかな?」
 
といった、定番(?)の詐欺メッセージが、私の電話帳に登録している方向けに、バンバン飛んでしまったというわけです。
 
 
以下のウェブサイトにまさに私が引っかかった手口が載っています。
 
Facebookメッセージ「今、忙しい?」は乗っ取り犯
https://1kando.com/38803
 
 
皆さん、おそらく「自分はこんなバカみたいな手口には引っかからない」とお考えでしょうが、色々な条件が重なると、普段は引っかからないような手口にもコロッとやられることもあるかもしれない、と心のどこかに置いておいていただければ幸いです。
 
何かの本で読んだ話ですが、「プロの詐欺師に本気で狙われたら逃れることは不可能」らしいです。ご注意あれ。
 

「IT導入補助金」公募のお知らせ

2017年1月31日
ITツールの導入により、中小企業・小規模事業者等の生産性を向上を図ることを目的とした、「IT導入補助金」(サービス等生産性向上IT導入支援事業)の公募が1/27(金)から始まりました。
 
ITツールとは例えば、予約システム、顧客管理システム、決済システム、財務・会計管理システム、給与システム、受発注システムのような、会社業務の生産性向上に資するシステムのことです。
 
補助額は上限100万円、下限20万円で、補助率は2/3です。
 
補助金の申請は、「IT導入支援事業者」による代理申請になります。
申請をお考えの方は、まずは「IT導入支援事業者」に相談することになります。
 
この「IT導入支援事業者」を探すには、最後にご紹介する事務局ホームページから検索することができるのですが、不慣れな事業者の方が自社にとって適切な「IT導入支援事業者」を探すのは難しいのではないかという気がします。
 
そこで「事業計画の策定及びIT導入に係る専門家」に相談する、というスキームになっているのだと思います。
なお、この「専門家」はミラサポに登録している専門家のことを指します。
 
公募締切は、2月28日(火)17時までです。
詳細はこちらからの事務局ホームページをご覧ください。
https://www.it-hojo.jp/