仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

同時並行作業のコツが少しつかめた?

2014年12月1日
元々私は一度に一つの事にしか出来ない人間でした。
例えば仕事をしていても、ある作業に集中しているところに急な割り込み(別な依頼など)が入ると、一度切った集中力がなかなか戻らず、大きなストレスを感じていました。
そんなわけで、「自分は同時並行作業は無理なのだ」と諦めていたのです。
 
しかし去年あたりから仕事の内容が大きく変わり、複数の仕事を同時並行で進めなくてはならない状態を続けてきたところ、案外なんとかなっていることに気が付きました。
 
せっかくなので、自分が同時並行作業を進めるにあたって意識していることを書いておきます。
 
■全ての作業内容を見える化する
まず、今現在、何の作業をどれだけやらなければならないかを全て書きだすことで見える化します。
 
私は今のところGoogleカレンダーを使っているのですが、まずは片っぱしからカレンダーにやるべき作業を登録していきます。
(ここでは便宜上、作業っぽくないこと、例えば「○○のアイデアを考える」なども作業として扱います。)
登録する段階では終日予定としておき、その後、今週、来週くらいの分まで、実際にその作業を行う時間を割り当てていきます。
別にGoogleカレンダーでなくとも、別なスケジュール管理ソフトや紙の手帳でも同じことが行えるはずです。
 
これを行うことで、毎日何をやるべきかが明確になり、どの程度余力が残っているかの把握も可能になります。
 
■個々の作業は集中して個別撃破
同時並行といいながらも、私は本当の意味で同時にやれることは一つだけです。
元IT業界の人間なのでコンピュータに例えると、1CPUでマルチスレッドを処理するイメージですね。
世の中には本当に複数のことを同時に出来る人がいるようですが、それはきっとCPUを2つ以上積んでいるのでしょう。
ですので、作業はなるべく数時間(出来れば2時間以内)まで分割して、それぞれを集中して片づけていきます。
また、数分程度で終わる作業は複数固めて、「この1時間で全て終わらせる」みたいな感じにしています。
 
■集中する時間帯は割り込みを極力回避
私は集中するまでのタイムラグが長い人間なので、なるべく集中力を途切れさせたくありません。
なので、集中が必要な作業はなるべく割り込みが入りにくい時間に割り当てたり、その作業を行っている間は電話もメールも忘れるなどして、なるべく割り込みが入らないようにしています。
 
以上、私と同様、同時並行作業の苦手な方の参考になれば幸いです。

私は真面目な人?

2014年11月25日
このブログを読んだ方からは、だいたい「細野さんって真面目な人なんですね」と言われることが多いです。
また、付き合いが長い人からは、「ブログの内容が真面目すぎ。もうちょっと面白いこと書いたら?」と言われたこともあります。
 
このブログを書いている第一の目的は「中小企業の社長が読んで役に立つことを発信する」ことなので、あまりふざけたことを書くことはどうしても躊躇してしまいます。
また、あまり認めたくないことなのですが、残念ながら私にはユーモアのセンスがないので、いわゆる「面白い文章」が書けないのです。
 
自分で言うのも何なのですが、私は実際に真面目な人間だと思います。
子供の頃は「真面目」=「かっこ悪い」という印象を抱いていたような気がしたので、不真面目ぶったりもしていましたが、大人になると真面目な人間は信用されやすいというメリットを感じるので、無理に自分の性格を変える必要も無いのかなと最近は思います。
 
ただ、一応釈明(?)しておくと、私は真面目な人間だとは思いますが、固い人間ではないので、初対面でもとっつきやすい方だと思います。
何かの機会に初めてお会いする方は、どうぞリラックスしてお会いしましょうね。

J-Net21に宮城県の診断士を紹介する記事が掲載されました

2014年11月9日
既にtwitterやfacebookなどでご紹介したのでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、先日私が取材/執筆した宮城県の診断士を紹介する記事がJ-Net21に掲載されました。
地産地診というコーナーで、地元診断士ならではの復興支援のあり方を中心に取り上げています。
 
第1回目 渡辺 進也先生
http://j-net21.smrj.go.jp/know/s_hiroba/chisan_12-1.html
 
第2回目 高木 順先生
http://j-net21.smrj.go.jp/know/s_hiroba/chisan_12-2.html
 
このコーナーの主な読者は診断士ということで、全国の診断士に向けて、震災復興支援の様子や取り組み姿勢などが伝わるようにしたつもりです。
 
今回取材させて頂いた渡辺先生、高木先生は元々私とも交流のある先生方なのですが、改めてお話を伺ってみると、これまで知らなかった一面が見えたりして、私も楽しく取材させて頂きました。
 
取材/執筆の機会を頂いた関係者の皆様、そしてお忙しいにも関わらず、取材を快くお引き受けくださった、渡辺先生、高木先生には改めて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。