仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 合同会社ジェイドキャット 代表社員 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

中小企業診断士 (シリーズ“わたしの仕事”)

2013年11月11日
「中小企業診断士 (シリーズ“わたしの仕事”)」(幸本 陽平著)を読みました。
 

 
書店で診断士関連の棚をなんとなく眺めていたときに手に取った本で、最初は軽い気持ちで読んでいたのですが、著者と境遇や状況が似ている部分が多々あり、共感できる箇所が多かったため、つい夢中になって読んでしまいました。
 
特に地方で独立した診断士の話を聞く機会はあまり無いような気がするので、同じような規模の地方都市(著者は広島)で独立診断士をやっている私にとっては、非常に興味深い内容でした。
 
地方で診断士として独立を考えている方にはお勧めです。

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

2013年11月6日
「ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく」(堀江貴文著)
ネットで先行試し読みを読んで以来なんとなく気になっていて、昨日読みました。
 

 
堀江氏がライブドア社長としてマスコミに話題にされていた頃、ちょうど自分が起業したこともあって、色々と影響を受けていますし、著書も何冊か読みました。
その中でも今回の本が一番衝撃を受けたかもしれません。
 
この人の言っていることは正論だなと思うことが多く、自分もドキッとさせられることが多々あります。
なかなかうまく言えないのですが、正直、自分はまだどこか逃げている部分があるんじゃないかと思っています。
本当にこのままでいいのだろうか、もっと真剣に物事に取り組まなくては駄目なのではないか。
読み終えた後、そのように考えさせられました。

なんで私が中国に!?

2013年10月31日
嫁さんからのリクエストにより、「なんで私が中国に!?」(日野トミー著)を買いました。

 
私も昔、仕事で中国に行っていたことがあるので、著者に共感出来る部分があり、面白く読ませて頂きました。
中国に住んでいたことがある方は「あるあるw」と、住んだことが無い人でも「へぇ~」となると思います。
個人的には助手の方がいい方だったようで羨ましいですね。
 
私が最初に中国に降り立った時は色々衝撃を受けましたが、ある程度の期間住んでいると慣れてきました。
まぁ色々と(本当に色々と)ありましたが、いい意味でいい加減なところは好きでした。
 
漫画の中にもありましたが、露骨に反日的な対応をしてくる人はほとんどいません。
私も当時、反日デモ真っ盛りの中にいましたが、逆に周囲の友人知人たちは色々と気を使ってくれました。
 
日中政府間の問題はなかなか解決しそうもありませんが、個々人に目を向けると、当然、好きな人もいれば嫌いな人もいます。(日本人の間だって同じように)
 
あまり何人だからということを意識せずに、好きな人と付き合っていければいいなと思います。