仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 合同会社ジェイドキャット 代表社員 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

中小企業向けの施策検索ツール「施策マップ」オープン

2014年7月1日
今年の中小企業白書に記載のあった、全国の中小企業施策の検索できる「施策マップ」がミラサポ上でサービス開始されたようです。
 
国・都道府県・市区町村の中小企業・小規模事業者向け施策を、目的や分野、必要金額等に応じて、検索でき、かつ、比較・一覧できるシステムのようです。
 
施策については各省庁や地方自治体ごとに分かれていて、一元的に把握することがなかなか難しかったのですが、このシステムで把握がしやすくなることを期待しています。
 
詳しくは以下のURLをご覧ください。(中小企業庁のウェブサイト)
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/network/2014/140701mirasapo.htm

ルーズヴェルト・ゲーム

2014年6月29日
知人に「ルーズヴェルト・ゲーム(池井戸潤著)、面白いから読んでみ」と言われたのでAmazonで注文して読んでみました。
 

 
以下は、Amazonの内容紹介です。
 
中堅メーカー・青島製作所の野球部はかつては名門と呼ばれたが、ここのところすっかり成績低迷中。会社の経営が傾き、リストラの敢行、監督の交代、廃部の危機・・・・・・。野球部の存続をめぐって、社長の細川や幹部たちが苦悩するなか、青島製作所の開発力と技術力に目をつけたライバル企業・ミツワ電器が「合併」を提案してくる。
青島製作所は、そして野球部は、この難局をどう乗り切るのか?
負けられない勝負に挑む男たちの感動の物語。

 
 
ここんところ、読書といえば仕事に関する本ばかりで、普通の小説はご無沙汰だったのですが、久々に夢中になって一気読みしてしまいました。
テレビドラマ化されるような人気作なのもうなずけます。
また、自分が経営を仕事にしていることも興味を引いた一因かもしれません。
ストーリー展開は王道なのですが、安心して楽しむことが出来ました。
あの「半沢直樹」の原作である「オレたちバブル入行組」、「オレたち花のバブル組」も読んでみたくなってきました。

ノマドワーカーになりつつある

2014年6月8日
ここ数カ月でかなり仕事の内容が変わりました。
これまではどちらかというとオフィスの中で行うデスクワーク中心だったのですが、最近はお客様のところへ訪問することが増え、オフィスにいる時間が減ってきています。
そうはいってもPCを使う必要がある仕事もそれなりにあるので、アポイントの合間を縫って外出先でPCを使うことになります。
 
そうなった時に重要な課題となるのは通信環境と電源をどう確保するか。
通信環境については、最近スマートフォンをテザリング可能なものに買い替えたので、そんなに問題ありません。
これまではWifiが使える店を探していたのですが、使えるとされている店でも席の場所によっては使えなかったりで困ったこともしばしばありました。
今使っているスマートフォンによるテザリングは使える範囲が広い上にそれなりに速度も出るのでかなり重宝しています。
通信量制限にだけ気を付けなければなりませんが、普通に仕事で使う分には十分足りるはず。
 
電源が使える店については仙台市中心部であればそれなりにあるのですが、市郊外や市外に出ると厳しいですね。
今使っているノートPCはフル充電状態でだいたい5時間くらいは使えるのですが、終日外出だと厳しいです。今のところ、外でずっとPC使いっぱなしという場面は無いので、バッテリーが無くなって困ったことはないですが、ちょっと不安です。
だからといって、予備バッテリーまで持ち歩くのは正直、荷物の重さ的に厳しい。うーん悩ましいです。
なお、電源が使える店の検索は、モバイラーズオアシスというサイトで調べています。
 
あとはオフィスでのデスクワークの時はデュアルモニター環境だったので、ノートPCの小さい画面で色々やるのがどうも窮屈に感じてしまうのが悩みどころ。
だからといって画面が大きいノートPCは重い・でかい・バッテリー容量少ないということで厳しい。これは慣れの問題なのだろうか・・・
 
ノマドワーカーの諸先輩方は色々工夫されているみたいなので、是非ともお知恵を拝借させて頂きたいです。あまりお金かけずに出来る改善策があればご教授ください!