仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 合同会社ジェイドキャット 代表社員 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

余裕のとらえ方

2014年8月31日
今日は妻と喧嘩してしまいました。
きっかけは些細なことで、妻のちょっとした一言が頭にきて、強い口調で言い返してしまったことです。
喧嘩自体は無事(?)収まったのですが、その後、何故、この「ちょっとした一言」程度で頭に来てしまったのだろうということを考えていました。
 
最近、どうもちょっとしたことでイライラしやすくなっているような気がします。
多くの人からは「いつも笑顔でいいですね」とか、「細野さんが怒るところって想像できません」などと言われるだけあって、自分でも心穏やかな方だと思っています。
 
しかし、ここのところイライラすることが増えている。それは何故だろう。
 
1つ思ったのが、色々な意味で余裕が無くなっているせいかなと。
でもそれはあくまで主観的な問題で、別な人から見ればまだ十分に余裕な状態なのかもしれません。
 
よく言われることで、コップ半分の水を見て、「もう半分しかない」と思うのか、「まだ半分もある」と思うのかで百八十度とらえ方が異なります。
余裕が無くなってくると、たいていの場合、ロクなことにならないので、余裕のとらえ方を考え直してみる必要があるなと思いました。修行が足りませんね。

認定支援機関向け経営改善・事業再生研修【基礎編】e-ラーニング

2014年8月25日
仕事で調べ物をしていたら見つけたものです。
 
「認定支援機関向け経営改善・事業再生研修【基礎編】」のe-ラーニング
中小企業基盤整備機構提供
 
主に経営改善計画書の作成についての学習コンテンツです。
認定支援機関向けに作られたものなので、経営者よりは支援者向けですね。
私はちょうど経営改善計画の作成支援の仕事をしていたので、興味があって一通り見てみました。
 
基礎編なだけあって、内容は基本的なことがほとんどですが、士業、金融機関、公的支援機関などが多く登録している認定支援機関の共通言語となりそうな内容なので、用語の定義(「合実計画」や「実抜計画」など)を把握するためにも一通り見てみるのもよいかもしれません。 (動画を全部見ると数十時間はかかりますが・・・)

成功への第一歩は自分の持ち味を活かすこと

2014年8月17日
先日参加した一番商品作り塾で主催者の波多野先生から興味深いお話がありました。
内容をざっくり要約すると、起業や転職など、新しいことを始める際には、自分の持ち味を活かすことで成功しやすくなるということです。(間違っていたらごめんなさい)
 
持ち味はいわゆる「強み」に言いかえることも出来るかもしれません。
で、その持ち味をどうやって探すかというと、過去に自分がやってきたことで小さくてもいいから成功したり、やり遂げたりしたことを、どのようにしてやったのか、どんなやり方をしたことでやり遂げることが出来たのかを考えるのです。
つまり、「持ち味=やり方(物事への取り組み方)」とも言えるでしょう。
 
例えば、ヒット商品を生み出したことがある方であれば、その商品を生み出すために行った自分の行動を挙げていけば良いのです。アイデア発想のやり方、商品デザインのやり方、販売促進のやり方など、色々あるはずです。
 
私も過去を振り返ってみて、持ち味を書き出してみました。
その結果、残念ながらあまり派手な持ち味は無かったのですが、今やっている仕事には重要なことばかりだったので、少なくとも間違った方向には進んでいないんだなと確認できてよかったです。
 
あなたも是非、自分の持ち味が何か、改めて考えてみてください。
自分のことってなかなかわからないですからね。こうやって考えてみるのも面白いですよ。