仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 合同会社ジェイドキャット 代表社員 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

無料経営相談を実施している支援機関のご紹介

2015年9月29日
既にご存知の方も多いかもしれませんが、今年度のミラサポ無料専門家派遣制度は予算を使い切ったため、終了となってしまいました。
 
やり方によっては、様々な支援方法ができる制度で、私の支援先も何件か活用させていただいていたのですが、まさかこんなに早く終了するとは想定しておらず、ある事業者の方からは「相談したいことがあったのですが残念です」といった声もいただいております。 無料で気軽に相談に行けるというのは、事業者の方にとっても大きなメリットだと思いますので、本日は現時点で私が把握している無料経営相談や専門家派遣を行っている主な支援機関を県別にご紹介いたします。(東北6県のみ)
 
 
●全県共通
・中小企業基盤整備機構
「経営相談」
http://www.smrj.go.jp/consulting/index.html ⇒メール、電話、対面での経営相談制度
「震災復興支援アドバイザー制度」
http://www.smrj.go.jp/kikou/earthquake2011/adviser_fukkou/067113.html ⇒東日本大震災の被災者向けのアドバイザー派遣制度
 
 
●青森県
・青森県よろず支援拠点(あおもり産業総合支援センター)
http://www.21aomori.or.jp/soudan/ ⇒経営相談全般。窓口相談、専門家派遣対応。
 
・各商工会議所、商工会
http://www5.cin.or.jp/ccilist/prefecture/2(青森県内商工会議所一覧)
http://www.aomorishokoren.or.jp/(青森県商工会連合会)
⇒経営相談全般。窓口相談、専門家派遣(エキスパートバンク)対応。
 事業を営んでいる地域ごとに管轄の商工会議所、商工会があるのでそちらをご確認ください。  
 
●岩手県
・岩手県よろず支援拠点(いわて産業振興センター)
http://www.joho-iwate.or.jp/yorozu/ ⇒経営相談全般。窓口相談、専門家派遣対応。
 
・各商工会議所、商工会
http://www5.cin.or.jp/ccilist/prefecture/3(岩手県内商工会議所一覧)
http://www.shokokai.com/(岩手県商工会連合会)
⇒経営相談全般。窓口相談、専門家派遣(エキスパートバンク)対応。
 事業を営んでいる地域ごとに管轄の商工会議所、商工会があるのでそちらをご確認ください。
 
 
●宮城県
・宮城県よろず支援拠点(宮城県商工会連合会)
http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/ ⇒経営相談全般。窓口相談、専門家派遣対応。
 
・各商工会議所、商工会
http://www5.cin.or.jp/ccilist/prefecture/4(宮城県内商工会議所一覧)
http://www.sendaicci.or.jp/(仙台商工会議所)
http://www.miyagi-fsci.or.jp/(宮城県商工会連合会)
⇒経営相談全般。窓口相談、専門家派遣(エキスパートバンク)対応。
 事業を営んでいる地域ごとに管轄の商工会議所、商工会があるのでそちらをご確認ください。
 
 
・みやぎ産業振興機構
http://www.joho-miyagi.or.jp/ ⇒専門家による移動相談会、個別相談会を随時実施。  
・仙台市産業振興事業団
http://www.siip.city.sendai.jp/index.html
⇒専門家による窓口相談。  
 
「アシ☆スタ」
http://www.siip.city.sendai.jp/assista/
⇒起業希望者、起業前後の方向け経営相談。  
 
●秋田県
・秋田県よろず支援拠点(あきた企業活性化センター)
http://www.bic-akita.or.jp/news/59.html
⇒経営相談全般。窓口相談、専門家派遣対応。  
・各商工会議所、商工会
http://www5.cin.or.jp/ccilist/prefecture/5(秋田県内商工会議所一覧)
http://www.skr-akita.or.jp/(秋田県商工会連合会)
⇒経営相談全般。窓口相談、専門家派遣(エキスパートバンク)対応。
 事業を営んでいる地域ごとに管轄の商工会議所、商工会があるのでそちらをご確認ください。  
 
●山形県
・山形県よろず支援拠点(山形県企業振興公社)
http://yorozu-yamagata.com/
⇒経営相談全般。窓口相談、専門家派遣対応。  
・各商工会議所、商工会
http://www5.cin.or.jp/ccilist/prefecture/6(山形県内商工会議所一覧)
http://www.shokokai-yamagata.or.jp/(山形県商工会連合会)
⇒経営相談全般。窓口相談、専門家派遣(エキスパートバンク)対応。
 事業を営んでいる地域ごとに管轄の商工会議所、商工会があるのでそちらをご確認ください。  
 
●福島県
・福島県よろず支援拠点(福島県産業振興センター)
http://www.utsukushima.net/yorozu.html
⇒経営相談全般。窓口相談、専門家派遣対応。  
・各商工会議所、商工会
http://www5.cin.or.jp/ccilist/prefecture/7(福島県内商工会議所一覧)
http://www.f.do-fukushima.or.jp/(福島県商工会連合会)
⇒経営相談全般。窓口相談、専門家派遣(エキスパートバンク)対応。
 事業を営んでいる地域ごとに管轄の商工会議所、商工会があるのでそちらをご確認ください。  
 
上記の支援機関は、経営に関することなら基本的にはなんでも対応しています。
基本的には各支援機関のウェブサイトから情報を拾っているので、実際は既に終了している場合もありますが、あらかじめご了承いただければと思います。
 
以上、ご参考まで!

【申込締切まで残り1週間】クラウドソーシング活用プログラムにご参加いただくメリット

2015年9月24日
先日から参加申込を受付している「クラウドソーシング活用プログラム」ですが、まだ席に残りがある状態です。
「クラウドソーシング活用プログラム」の内容についてはこちらから
 
 
先日もご紹介したとおり、クラウドソーシングのメリットとしては、従来よりも早く、安く、良い人的リソース、つまり人手が確保できるという点です。
 
私も先日、急にセミナー用の資料を作る必要に迫られて、資料を自作する時間がなかったのでクラウドソーシングで資料を作ってくれる人を探したのですが、想定よりも安い金額できちんと仕事をしてくれる人に発注を行うことができました。
 
また、ウェブサイトのデザインなど、自分ではできない仕事をやってくれる人を、クラウドソーシングを通じて探すこともたびたび行っていますが、人が見つからなかったことはこれまでありません。
 
今後、ますますクラウドソーシングを使って仕事をしようと考えている人は増えてくるので、仕事を発注する側としてもより活用しやすくなってくるのではないでしょうか。
 
今回開催する「クラウドソーシング活用プログラム」では、参加者の方々に実際にクラウドソーシングでの発注体験を通じて、クライドソーシングの使い方を身に付けていただくことができます。
 
プログラム中、クラウドソーシングを使って、チラシやパンフレットなどを実際に発注していただきますが、今回最大のメリットは、セミナー参加費が無料の上、この発注体験する際の発注費用も無料であるという点です。(上限32,400円)
 
また、発注に際して困ったことがあれば、一般社団法人クラウドソーシング協会公認のクラウドソーシング・プロデューサーである当社が全力でサポートいたします。
 
自分で言うのもなんですが、なかなかここまで至れり尽くせりなプログラムは無いと思います。
次回以降の実施は未定で、今回限りとなる可能性も高いです。
 
 
今年の2月に当社でクラウドソーシングセミナーを開催しましたが、一通り説明を聞いただけではなかなかピンとこないという方がいらっしゃったのも事実です。
今回は実際の発注を通じて、クラウドソーシングのサービスを使いながら進めていくので、いまいちよくわからないという方でもきっと身に付けることができると思います。
 
クラウドソーシングは単なる外注以外にも、アイデア立案やマーケティングにも活用できる可能性も秘めています。
使い方によっては経営革新のきっかけにもなりえると思います。
 
開催日時等は以下の通りです。
今回は準備等もありますので申込締切は9/30(水)を予定しています。
お早目にお申込みをお願いいたします。
==============================================
【前編】2015年10月7日(水)18:15~21:15
【後編】2015年10月28日(水)18:15~21:15
※両日参加が必須になります。
場所:仙台市戦災復興記念館 4階 第3会議室
持ち物:wifi接続可能なノートパソコン(インターネット環境は会場で用意します)、
筆記用具、名刺(受付で頂戴いたします)
費用:無料
定員:10社(先着順)
講師:当社代表 細野
申し込み方法:こちらのページをご参照ください。
申込方法がわからないという方は私までご連絡ください。
申込締切:2015年9月30日(水)
==============================================  
また、当社開催の日程がどうしても合わないという方は、私もメンバーになっているコワーキングスペースcocolinを運営する一般社団法人MAKOTO様でも同様のプログラムを以下の日程で開催していますので、こちらも併せてご検討ください。
==============================================
【前編】2015年10月20日(火)10時~17時
【後編】2015年11月10日(火)10時~17時
※両日参加が必須になります。
場所:NAViSビル3階
(住所)仙台市宮城野区榴岡5-12-55 
(MAP)https://www.navis.co.jp/about/access.html
持ち物:パソコン,既存のチラシ/パンフレット(既にお持ちの場合)
費用:無料
定員:10社(先着順)
講師:一般社団法人MAKOTO
申し込み方法:以下イベントページをご参照ください。
https://www.facebook.com/events/127342020951428/
==============================================  
皆さまのご参加、心よりお待ちしております!

欲しい利益額から逆算で売上計画を立てる方法(3/3)

2015年9月20日
前々回のエントリーでは、「売上計画は利益目標から逆算して決めていく」方法についてご紹介しました。
 
今回は、その具体的な手順について書いていきます。
 
 
1.利益目標(経常利益、または社長の役員報酬額)を決める
まずは利益目標(経常利益、または社長の役員報酬額)を決めます。
社長の役員報酬を目標とする場合は、経常利益は0として構いません。
決め方については、前回のエントリーを参考にしてください。
 
 
2.営業外費用の計算
次は、「営業外費用」の計算です。中小企業の場合だと、ほぼ「借入金利息」になるかと思います。
「営業外収益」は金額的に無視しても差し支えない程度しかないと思いますが、多額の金利収入や家賃収入がある場合は、それらをプラスして下さい。
 
 
3.減価償却費の計算
「減価償却費」は、業種によって異なりますが、「有形固定資産×15%」程度でざっくり計算します。
売上計画の中に、設備投資が入っている場合は、その分を考慮するようにしてください。
 
 
4.人件費の計算
「人件費」は「平均給与×社員数」で計算します。
社会保険料などの法定福利費や通勤交通費などもここに含んでしまって構いません。
また、役員報酬は従業員給与分とは分けて考えた方がいいでしょう。
特に社長の報酬については、「いくら報酬を取るか」という決めの問題でもあります。
 
 
5.粗利益額の計算
「粗利益額」は、「労働分配率」から逆算します。
これも業種によって異なりますが、労働分配率の平均を50%として、「人件費÷労働分配率(50%)」で「粗利益額」を計算します。
なお、自社にとっての適正な労働分配率やその中の役員報酬分と従業員給与分の比率については、社長の考えによる決めの問題です。
 
 
6.経費の計算
ここまでの計算で、「営業利益(経常利益-営業外費用+営業外収益)」、「減価償却費」、「人件費」、「粗利益額」が分かります。
ここから「経費」を、次の計算式で導きます。
「粗利益額-人件費-減価償却費-営業利益」
つまり、「経費」は、「この計算から算出された額しか使えない」ということです。
地代家賃や広告宣伝費といった費用の大きいもの、または会社にとって重要な経費項目がある場合は、過去の数値や計画の具体策をもとに適宜調整を行ってください。
 
 
7.売上、原価の計算
「粗利益額」を「粗利益率」で割ると、「売上」が決まります。
そして、「売上」から「粗利益額」を引くと、「原価」が計算されます。
粗利益率については、過去の数値を参考にするか、今後の計画で増減するようであれば、それを踏まえて決定してください。
 
 
以上が、「利益目標」から「逆算」して、「売上」を決定する方法です。
この方法のメリットは、利益から考えることで、会社の将来像を具体的に描きやすく、その計算過程で「今、やるべきこと」を理解できるようになることです。
また、これによって「数字で経営を考える」能力も身に付きます。
 
 
私自身、売上計画を立てる際に使っていて、効果も実感している方法ですので、是非、取り組んでみてください。