仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 合同会社ジェイドキャット 代表社員 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

節税をしつつ貸倒に備える「経営セーフティ共済」

2015年8月2日
以前ご紹介した「小規模企業共済」には多くの方に興味を持っていただいたようです。
節税しながら自分の退職金を貯め、万が一の資金需要にも対応できる優れモノなので、加入条件を満たしている方は加入しておいて損はないと思います。
 
今日は「小規模企業共済」ほどメジャーではないですが、節税をしつつ貸倒に備える「経営セーフティ共済」(中小企業倒産防止共済)をご紹介したいと思います。
 
「経営セーフティ共済」とは、売掛先が万が一倒産した場合に、掛金の10倍まで共済金の貸付が受けられる制度です。
 
加入条件は、1年以上継続して事業を行っている中小企業です。(小規模共済より加入可能者の範囲が広いです)
 
掛金月額は、5,000円から20万円までの範囲(5,000円刻み)で自由に選べ、掛金総額が800万円になるまで積み立てられます。
 
掛金は税法上、法人の場合は損金、個人の場合は必要経費に算入できますので、節税をしつつ、売掛先の倒産に備えることができるのです。 また、売掛先の倒産がなくても一時貸付金ということで、解約手当金の範囲内で事業資金の貸付が受けられるので、急な資金需要にも対応できます。
 
ただ、以下のような注意点もあります。
・40ヶ月未満での解約には元本割れが発生する
特に12ヶ月未満での解約は解約手当金が0となってしまうのでご注意ください。
 
・共済金の貸付を受けた場合は掛金から10%が控除される
共済金の貸付自体は無利息ですが、掛金から10%控除されるので実質利息負担があります。
 
・解約手当金は税法上の益金となる
掛金の支払い時は損金となり、その分は節税となりますが、解約した際の解約手当金は益金となり、その分は課税されます。
なので、実質は節税というよりは、課税の先送りと考えられます。
 
・夜逃げは倒産とは認められない ここでの「倒産」とは法的整理、銀行取引停止処分、私的整理などを指します。相手先に夜逃げされてしまった場合は認められないのでご注意ください。
 
「小規模企業共済」ほどは万人にお勧めできる制度ではないのですが、売掛債権貸倒のリスクが高く、それが経営上致命的なダメージとなり得る場合は役に立つ制度かと思います。
 
「経営セーフティ共済」の詳しい内容は、以下の中小機構のウェブサイトをご覧ください。
http://www.smrj.go.jp/tkyosai/index.html

考えているフリ

2015年7月28日
ここ最近、考えている時間が長すぎる気がしています。
もちろん考えること自体は悪いことではないのですが、考えるだけで仕事をしたつもりになってしまい、実際は何も進んでいないというのはよろしくないです。
 
ひょっとすると、考えてすらいないで、考えているフリをしているだけなのかもしれません。
 
本当は素早く決断して手際よく進めていく必要があるのですが、何故か決めることができずにいたずらに時間だけが過ぎてしまっています。
 
このままではまずいという焦りもあるのですが、なかなか前に進めずストレスだけが溜まっていきます。
 
こんな時は思いきって気分転換をした方がいいのかもしれませんね。

まずは守りを固めろ

2015年7月19日
一般的には起業後は「まずはとにかく売上の確保!」と言われています。
営業やマーケティングといった、いわゆる「攻撃」的な行動は、売上に結び付きやすいので、わかりやすいし当然重視されます。
事実、会社を維持発展させていくためにも必要不可欠です。
 
「攻撃は最大の防御」という言葉があります。
これを経営に置き換えて考えると、ただひたすら「攻撃」に専念し、売上を伸ばすことだけ考えていれば、あえて守りを考える必要はないともとれますが、本当にそうでしょうか。
 
このエントリーでも書いた通り、私は経営は総力戦だと思っています。
「どれかが大事」ではなく「みんな大事」なのです。どれか1つが欠けていると、いつかその部分が原因で致命傷を負うことになります。
 
経営における「守り」とは、計数管理だったり、税務や法律といった、いっけん地味なことが中心ですが、この守りについてはあらかじめ固めておくことが望ましいです。
本当ならば、事業を開始する前に、これらの「守り」を最低限固めておいてから、営業やマーケティングといった「攻撃」に出たいところです。
 
これは私の師匠からの受け売りですが、「防御は最大の攻撃」という言葉があります。
言葉としては少々無理やりな気もしますが、守りをしっかり固めているからこそ、安心して全力で攻撃が行えるということです。
 
経営に限らずですが、物事には失敗はつきものです。失敗自体は悪いことではありませんが、再起不能となってしまうような致命的な失敗だけは避けたいところです。
 
私は臆病者なので、常に最悪の事態を想定してそれに対処できるようにしていないと落ち着きません。昔の私を知っている方の中には、「なんて無鉄砲な奴なんだ」と思っている方もいらっしゃるかと思いますが、実際は「最悪、どうなるか」を覚悟し、その時の対処法を決めているからこそ、多少の無茶もできたのです。
 
また、これは若干主観も入りますが、営業やマーケティングといった「攻撃」にはある程度センスが要求される部分がありますが、「守り」に分類されるものについては、自分の努力で身に付けられるものが多いです。
 
ドラクエに例えるならば、伝説の剣(つるぎ)を持っていても、「布の服」しか着ていなくては、大魔王に一撃喰らっただけで死んでしまいますよ、ということです。
 
是非、ご自身の「防御力」を上げていきましょう!