仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 合同会社ジェイドキャット 代表社員 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

クラウドソーシングのコンペ発注における選定のコツ

2015年10月29日
先日行った、クラウドソーシング活用プログラムにご参加いただいた方にはお伝えした内容になりますが、コンペ発注を行った場合、採用する成果物を1つに選定する必要があります。
 
提案数が多いと選定するのも大変ですが、なんとなく感覚で決めてしまうのではなく、以下の流れに沿って選定していくとよいでしょう。
 
1.発注の目的を再確認する
そもそも、今回発注した成果物はどういう目的で使用するのかを再確認します。その成果物で本当に目的を達成できるのか?という視点でチェックが必要です。
 
2.基準を決める
まずは定量的な基準として、発注依頼内容で言語化できている内容について基準を決めます。たとえば「○○の文言を入れてください」とあるならばそれが入っているかどうか。「○○は強調してください」とあるならばそこが強調されているかどうかなどです。
 
次に定性的な基準として、感性的な基準を決めます。たとえばデザインは求めていたイメージに近いかどうか、色は求めていたイメージに近いかどうかなどです。
 
3.基準に基づいて絞る
先ほどの定量的、定性的基準に従って、まずは消去法を使って、基準を満たしていない、または程度が低いものについては選定から除外していきます。
 
その後、絞り込んだ提案数件(10件以下が望ましい)について、各基準における点数をつけて、得点が高いものから1~3程度に絞り込みます。
 
ここまで来ると甲乙つけがたいと思いますが、他の人から意見をもらったりしながら1つに選定します。最後の最後は自分の直感で決めるということも大事です。
 
 
 
また、クラウドソーシング活用プログラムですが、追加開催が以下の日程で決定いたしました。
 
前編:11月25日(水)10:00~13:00
後編:12月16日(水)10:00~13:00
 
ただ、既にお申込者が上限に達してしまい、新たな申込受付ができない状態です。
興味を持っていただける方が多いのは嬉しいのですが、お申込みをお断りしている方には大変申し訳なく思っております。
もしかすると参加者数を増やせるかもしれませんので、その際は再度お知らせしたいと思います。

ブログリニューアルしました

2015年10月26日
このたび、当ブログはデザインおよびブログシステムを変えてリニューアルオープンいたしました。
 
現在、移行作業中のため、リンクが切れている、画像が表示されない、改行が不自然といった不具合がありますが、随時修正していきます。
 
読者の方にとってはあまり関係のないお話になりますが、さくらのブログからWordpressに移行しました。
まだちょっと操作等で不慣れな部分がありますが、徐々に慣れていければと思います。
 
システムは変わっても、「東北地方の中小企業経営者にとって役立つ内容をお届けする」という目的は変えずにいきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

東北限定 中国EC進出支援サービスを開始しました

2015年10月23日
このたび、当社では東北限定の中国EC進出支援サービスを開始いたしました。
 
もともと中国EC(ネットショップ)は市場規模の大きさ、成長性の高さから、参入を検討する企業様が多かったのですが、中国における様々な規制や物流や決済、カスタマーサポートなどの問題もあり、参入にはかなり高いハードルがありました。
 
しかし、今年に入ってから、商品を日本国内から直接、中国の消費者宛てに発送する「越境EC」というやり方の仕組みが整ったことにより、中国人から人気のある子ども向け商品、健康食品、化粧品、日用雑貨といったジャンルのメーカーを中心に進出が進んできています。
 
そうはいっても、これまで中国のECについて知識や経験がない方にとっては、参入は容易ではありません。
そういった進出を支援する企業も首都圏が中心で、東北地方においては情報すらほとんど無い状態です。
 
私は2004年に初めて中国に行ってから、様々な中国ビジネスに携わっております。
また、妻が中国人ということもあり、中国人の文化、生活習慣、考え方、商品ニーズ等について、把握しやすい立場にあります。
 
そこで今回、中国EC進出をトータルで支援するためのサービスを開始することにいたしました。
1つサービスの特徴としては、必ずしも「進出ありき」ではないということです。
これまで中小企業診断士として様々なご支援を行ってきた経験等を踏まえて、進出判断の是非の検討、計画立案からお手伝いいたします。
 
サービスの詳しい内容等については「中国EC進出支援サービス」ウェブサイトに記載しております。
 
ご興味がある方は是非一度ご覧ください。