仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 合同会社ジェイドキャット 代表社員 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

世界中に販路を拡げる 海外Webマーケティングの教科書

2016年11月13日
今日は久々に書籍のご紹介です。
別件で書店をうろついていたときに目に入ったのがこちらの本です。
 
世界中に販路を拡げる 海外Webマーケティングの教科書(高岡 謙二 著)
 
あまり海外のWebに関する本は無いので、中身も見ないで買ってしまいました。
 
以下、amazonの紹介文です。
 
◎日本はこれまで“良すぎる”市場だった
世界で62番目という狭い国土面積に、世界で11番目に多い1億2000万人以上が暮らし、
その人たちの所得が平均して高く、日本語という共通言語で通用してしまう──。
そんな日本市場は世界でも稀有な市場です。
しかし、アジアの周辺諸国が高い経済成長を遂げ、日本が人口減少に転じるこれからは、
これまで最大の武器であった「日本語」を捨てて戦わなければなりません。
 
◎Webを使った海外市場攻略のための初めての実用書
海外に情報を届け、新たな市場を開拓する手段として「外国語Webサイト」の役割はとても重要です。
しかしその制作と運用方法について、具体的に記した書籍は、これまで存在しませんでした。
本書をもとに海外向けWebマーケティングの拠点である「外国語Webサイト」をしっかりつくりあげ、
腰を据えて運用をしていけば、高い確率で成果が上がります。
 
◎日本人がしがちな間違い、独自のデータや企業の成功事例も紹介
本書では、予約ページの「○×△」表記など、日本の外国語サイトによくある間違いや、
翻訳の品質コントロールのための具体的な手法を網羅しています。
世界各国における検索エンジン、SNS、メッセンジャーアプリのシェアなど、参照すべきデータも豊富に掲載しました。
成功事例が少ないといわれる越境ECや海外向けの情報発信についても、
その原因分析や成功企業の実例を紹介しています。
規模を問わず、企業の広報・マーケティング担当者、経営者、海外取引担当者から、
地方自治体のインバウンド担当者、観光・ホテル業に携わる多くの人にとって、
役に立つヒントが詰まった1冊です。

 
 
この本は、翻訳の部分が力を入れて書かれている印象です。
特に、翻訳会社へ依頼する際に統一感を持たせるために必要なスタイルガイドが具体的で参考になりました。
 
また、海外Webといっても、まずは日本語での情報がきちんと整理されていなくては始まらないというのも同感です。
 
 
これから、海外にも販路拡大していくために、Webサイトの多言語化を図ろうと考えている方もいらっしゃるでしょう。
その際に、こちらの本はひとつの参考になるかと思います。

それでも計画を立てることは重要

2016年11月7日
前回のエントリーで変化に対応する力が重要ということを書きました。
 
すると、時々、「事業環境は常に変化して先が読めないんだから、計画なんて立てても意味がない」という声を聞くことがあるのですが、私はそれでも計画を立てることは重要だと考えています。
 
その辺の理由は、以前のエントリーでも書いています。
 
再度、項目だけ列挙しておきます。
1.自分の事業を真剣に考えるための機会になる
2.「明らかに駄目」な場合が事前にわかる
3.協力を求める相手に熱意を伝えることができる
 
加えてもう少し補足しておくと、変化はあるという前提でも、どういう変化があるのかを事前に想定しておくということは大事です。
当然、予測になるので、外すことはあるにせよ、複数の選択肢を常に考えておくということは、事業を継続的に発展させていく上では重要なことではないでしょうか。
 
以上、ご参考まで。

変化に対応する力は重要

2016年11月3日
うちにはもうすぐ4ヶ月になる乳児がいます。
乳児の睡眠はまだまだ不安定で、夜中もしばしば起きてきます。
(基本的に、夜の寝かしつけは私の担当です)
 
一時期はだいたい3時頃にお目覚めして、おっぱいを飲んでオムツを変えたあと、小一時間ほどお遊びになられるという、ある程度の定型パターンができていました。
 
パターン化されると、こちらもいったん早めに寝て、お遊びになられる時間だけお付き合いして、もう一度朝まで寝るという対応ができていたのですが、ここ最近、パターンが変わってきてしまい、私の睡眠パターンも変えざるを得なくなってしまいました。
 
ぐずる乳児を抱えながら、「そういや経営も様々な変化に対応していく力が重要なんだよなぁ」なんてことを考えたので、ブログに書いてみました。
 
 
いわゆる経営環境は常に変化し続けるので、会社を存続させるためには、いかにその変化に対応していくかが重要です。
 
私はかつて経営していたソフト開発の会社は、携帯アプリ(iアプリなどのガラケーアプリです)や任天堂DSのソフトを受託開発していましたが、当時、受託環境が大きく変化していた時期でした。
 
特に会社にとってダメージが大きかったのが、制作単価の相場下落です。
当時の私には、その変化に会社を対応させるだけの経営能力がありませんでした。
 
あの当時、どう対応していれば正解だったのかは今でも答えは出せませんが、環境変化に適応すべく、何かしらの手は打たなくてはならなかったことだけは確かです。
 
 
特に小さな会社や個人事業主であれば、規模の小ささゆえに、変化への対応は大企業と比べて柔軟かつ素早くやれるはずです。
これが小さな会社の強みでもあります。
 
せっかくの強みを殺さないように、常に変化はあるものだと想定して事業経営にあたりたいものです。
以上、自戒を込めて。