仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

クラウドソーシング活用プログラム 追加開催分の参加者枠が追加されました!

2015年11月9日
クラウドソーシングの活用方法を身につけながら無料でチラシ等が作れちゃう「クラウドソーシング活用プログラム」ですが、好評につき追加開催が決定いたしました。
 
プログラムのご紹介は公式サイトをご覧ください。
 
先日、ご案内した際は既に満席になってしまったのですが、クラウドソーシング協会より枠追加の許可が下りたので、3社限定で追加申込受付いたします。
 
申込はこちら⇒専用受付フォーム
 
日程や場所は以下の通りです。
==============================================
【前編】2015年11月25日(水)10:00~13:00
【後編】2015年12月16日(水)10:00~13:00
※両日参加が必須になります。
場所:銀杏坂ワークショップベース(仙台市青葉区本町1-9-5 五城ビル2F )
持ち物:wifi接続可能なノートパソコン(インターネット環境は会場で用意します)、
筆記用具、名刺(受付で頂戴いたします)
費用:無料
定員:7社(先着順)※残席3社(11/9正午時点)
講師:当社代表 細野
申し込み方法:こちらのフォームからお申込みください
申込方法がわからないという方は私までご連絡ください。
申込締切:2015年11月22日(日)
==============================================
 
なかなか無い貴重な機会だと思いますので、皆さまのご参加お待ちしております!

クラウドソーシングのコンペ発注における選定のコツ

2015年10月29日
先日行った、クラウドソーシング活用プログラムにご参加いただいた方にはお伝えした内容になりますが、コンペ発注を行った場合、採用する成果物を1つに選定する必要があります。
 
提案数が多いと選定するのも大変ですが、なんとなく感覚で決めてしまうのではなく、以下の流れに沿って選定していくとよいでしょう。
 
1.発注の目的を再確認する
そもそも、今回発注した成果物はどういう目的で使用するのかを再確認します。その成果物で本当に目的を達成できるのか?という視点でチェックが必要です。
 
2.基準を決める
まずは定量的な基準として、発注依頼内容で言語化できている内容について基準を決めます。たとえば「○○の文言を入れてください」とあるならばそれが入っているかどうか。「○○は強調してください」とあるならばそこが強調されているかどうかなどです。
 
次に定性的な基準として、感性的な基準を決めます。たとえばデザインは求めていたイメージに近いかどうか、色は求めていたイメージに近いかどうかなどです。
 
3.基準に基づいて絞る
先ほどの定量的、定性的基準に従って、まずは消去法を使って、基準を満たしていない、または程度が低いものについては選定から除外していきます。
 
その後、絞り込んだ提案数件(10件以下が望ましい)について、各基準における点数をつけて、得点が高いものから1~3程度に絞り込みます。
 
ここまで来ると甲乙つけがたいと思いますが、他の人から意見をもらったりしながら1つに選定します。最後の最後は自分の直感で決めるということも大事です。
 
 
 
また、クラウドソーシング活用プログラムですが、追加開催が以下の日程で決定いたしました。
 
前編:11月25日(水)10:00~13:00
後編:12月16日(水)10:00~13:00
 
ただ、既にお申込者が上限に達してしまい、新たな申込受付ができない状態です。
興味を持っていただける方が多いのは嬉しいのですが、お申込みをお断りしている方には大変申し訳なく思っております。
もしかすると参加者数を増やせるかもしれませんので、その際は再度お知らせしたいと思います。

クラウドソーシングで発注内容をまとめるコツ

2015年10月18日
現在、クラウドソーシング活用プログラムを行っていて、前編にご参加いただいた方は発注が一通り完了しました。
 
実際やってみてわかったのですが、やはり普段からWeb上で受発注やそれに準ずることをやっている方は比較的スムーズに発注内容をまとめることができるのですが、そうでない方にとっては、発注する内容を整理して、相手に伝わるようにまとめるということが少し難しかったようです。
 
発注内容を相手に伝わるようにまとめることは正直、慣れの部分もあるのですが、強いてコツを挙げるのであれば、「最終的な成果物の内容を自分の中で明確にする」ということです。
自分ですらどんな内容になるのか明確化されていないのに、その内容をまとめて文章化するというのはなかなか難しいですね。
 
もちろん、配置やレイアウトなど、デザイン的な部分は、デザイナーの方にお任せでいいと思いますが、こちらから伝えなければわからない情報については、明確な文章にして伝える必要があります。
慣れないうちは、基本となる文章の枠(目的、背景、コンセプト、デザインイメージ、商品・サービスの特徴、詳細内容など)に沿って書いていくのがよいかと思います。
 
また、クラウドワークスやランサーズといった代表的なクラウドソーシングサイトでは、他の人が発注した際の文章なども公開されているので見ることができます。
まずはいくつか見てみて、発注文の書き方など参考にしてみるのもいいかもしれませんね。
 
なお、現在実施中のクラウドソーシング活用プログラムですが、11月~12月にかけて追加開催を行う可能性が出てきました。
もし、今回日程が合わなかったという方は、是非この機会をお見逃しなく。
決まり次第、追ってご連絡いたします。