仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 合同会社ジェイドキャット 代表社員 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

海外ビジネスでは現地語を話せた方がいい理由

2017年9月9日
海外ビジネスに取り組んでおられる方は、英語はだいたい話せるという方が多いと思います。
また、これから取り組もうとされている方は、まずは英語をマスターしようと努力されているかもしれません。
 
 
もちろん、ビジネスをする上では、英語は公用語のようなところがあるので、英語をマスターするに越したことはないのですが、できればある程度、現地語も話せるようになっておいた方がいいです。
 
今回は、現地語が話せた方がよい理由として、以下の3つを書いておきます。
 
 
1.相手から親近感が得られる
これは逆の立場で考えるとわかりやすいですが、外国人が多少下手でも一生懸命日本語でコミュニケーションを取ろうとしてくる姿勢には好感が持てるでしょう。
 
それと同じで、たとえ簡単な挨拶だけだったとしても、現地語で相手とコミュニケーションをとることで、親近感が大きく上がることもあります。
 
 
2.現地人同士での密談の牽制になる
これは実際に海外に行って打ち合わせ等したことある方はわかると思うのですが、ちょっと自分たちにとって都合が悪いことがあると、すぐに現地人同士で現地語でヒソヒソ話をします。
これはこちら側が現地語を理解できないだろうと踏んでいるからそうするのです。
 
そこで、最初からこちらが現地語を理解できることを示すことで、こういった密談を牽制することができます。
 
また、逆にあえて現地語を理解できないふりをして、現地人同士のヒソヒソ話から本音を拾うということもできます。
 
いずれも、現地語をある程度理解できないとこういったことはできません。
 
 
3.現地滞在がスムーズになる
国によっては国民のほとんどが英語が理解できる場合もあるのですが、そうでない国に行った場合、現地語が全くできないと滞在中色々と苦労します。
 
私も昔、中国語がほとんどできない状態で中国に行ったときは、普通の人には簡単な英語さえ通じないことに愕然としました。
中国の場合、筆談という手もあるのでなんとかなりましたが。
 
通訳がずっとそばにいてくれるのであればいいのですが、一人で言葉が全く通じない環境に放り出されると、かなりのストレスで、人によってはそれだけで参ってしまうかもしれません。
 
 
 
たしかに英語に加えて現地語も覚えるのは正直大変なのですが、行く国がある程度固定化されていたり、訪問比率が高い国があるのであれば、そこの国の言葉だけでも身に着けておくとよいでしょう。
 

中国とのビジネスで一番大事なこと

2017年8月7日
先日、宮城県よろず支援拠点のミニセミナー「中国販路開拓のための4つの手段」にご参加いただいた方にはお話しましたが、中国とのビジネスで一番大事なこと、それは「信頼できる中国人ビジネスパートナーと組むこと」です。
 
日本国内のビジネスにおいても、当然パートナーは大事なのですが、中国ビジネスにおいては、パートナー無しには事業が成り立たないといっても過言ではないです。
 
その理由としては、主に以下の通りです。
 
 
1.中国では中国国籍を持っていないとできないことがある
中国では様々な規制等により、外国人ではできないことが色々あります。
また、中国国籍を持っている人にはたやすいことも、外国人がやろうとすると非常に難しくなる、ということもあります。
例えば、各種許認可の取得、海外送金関連、各種サービスの利用など、様々です。
正式な中国居住許可を持っていれば、外国人でもある程度できることも増えていきますが、出張ベースの非居住者だといろいろ不便を感じるはずです。
 
 
2.独特な商習慣や法制度を完全に理解するのは難しい
我々日本人にとっては中国は外国です。
中国に限った話ではないのですが、日本の常識では考えにくい商習慣や、日本とは異なる法制度があり、外国人である我々がそれらを完全に理解するというのは、ちょっと現実的ではありません。
(中国に移住して何十年、という人なら別でしょうけれど)
 
 
3.中国の役所対応は超ハード
2と近い部分がありますが、中国のお役所手続きは非常に難易度が高いです。
ある手続きを行おうとした場合、必要書類がまずはっきりしていない、問い合わせてみようにも電話はなかなかつながらない(電話受けたくないから受話器を上げっぱなしにしているという説もある)、担当者によって言うことが違う・・・
現地の中国人でさえ、辟易しているお役所手続きを、我々外国人がやっていくというのは正直、至難の業です。
 
 
ただ、「いくら中国人ビジネスパートナーが重要だとはいっても、どうやって探せばよいかわからない」という方に向けて、来月、宮城県よろず支援拠点にてミニセミナーを開催いたします。
 
9/2(土)「中国人ビジネスパートナーの探し方と付き合い方」
 
こちらのミニセミナーでは、中国人ビジネスパートナーの探し方はもちろん、彼らとその後、いかに仲良く付き合っていくかということについてもお話いたします。
中国人妻を持ったことで家族関係の内側に入ることができたからこそお話できる、本当の中国人との付き合い方です。
 
参加費は無料で、時間は13時~15時です。
場所は宮城県よろず支援拠点上杉サテライト(宮城県仙台市青葉区上杉一丁目16番8号プロスペール本田3F)
定員は5名と少人数で行いますので、リラックスした雰囲気で、受講生同士の交流もできます。
前回のミニセミナーでは、受講者同士、中国ビジネスに関する情報交換で話がはずんでいました。
 
前回のミニセミナーにご参加いただいていない方の参加もOKですので、興味ある方はお気軽にお申込みください。
 
お申込みは宮城県よろず支援拠点のウェブサイトから申込み用紙をダウンロードし、FAXしていただくか、私まで直接ご連絡いただいても構いません。
 
参加お申込みをお待ちしております!

小さな会社が中国市場を開拓する方法

2017年7月5日
先日、宮城県よろず支援拠点と宮城県商工会連合会の主催で行った海外展開セミナーで、「小さな会社が中国市場を開拓する方法」というタイトルでお話しさせていただきました。
 
今回のエントリーでは、セミナーにお越しになれなかった方のために簡単にセミナー内容のご紹介をしたいと思います。
 
今回のテーマは日用品や食品といった一般消費財の販路開拓です。
中国で人気の商品としては、化粧品、健康・美容器具、食品(お菓子含む)、健康食品、乳幼児向け商品などが挙げられます。
キーワードは「肌に直接触れるもの」、それから「口に入れるもの」です。
このあたりから取扱い商品候補を考えられるとよいかと思います。
 
販路開拓のための手段として、以下の4つをご紹介しました。
◆展示会
出展には相応の費用と手間がかかるが、上手くやれば効率的に見込み客を開拓できる。
 
◆訪問営業
直接、現地の会社に連絡した上で訪問営業をする。個人的にはこれが一番費用対効果が高いと感じている。
 
◆インターネット
ネット上で商品をPRし、問い合わせに繋げる。最近流行りの越境ECもこの類型。
 
◆紹介
誰かからバイヤーを紹介してもらう。簡単そうに見えるが、まず紹介してくれる人がいることが前提。
 
 
それから、売りに行く前に考えるべきこととして、以下の4点を挙げました。
◆目的
何のために海外展開する?会社として取り組む意味、事業全体としての位置付は?
 
◆市場の状況
類似商品、競合、ラインナップ、価格帯、消費者嗜好に合うか
 
◆取引条件
輸送や保険の費用分担、納期、輸送方法、支払いタイミング。
海外取引は基本的に保険を活用することでノーリスクで行えるようにするべき。
契約書は事細かに決める必要がある。中国では契約書に明記されていないことは無いものとみなされる。また、日本の契約書にありがちな「誠意をもって協議する」といった文言は無意味。
 
◆事業計画
この事業をやることでどのくらい収益を見込むのか、いつまでに黒字化させるか、投資を回収するか、想定リスクとその対策。
 
 
また、最低限準備すべきものとして、以下の3点を挙げました。
◆会社案内
簡単でよい。会社の基本情報と主力取扱商品の紹介くらい。中国語版が望ましい。
 
◆商品資料
商品ごとの説明資料。こちらも中国語版が望ましい。
 
◆価格シート
取扱い商品の価格表。通常の国内卸価格、いわゆる工場出し価格だけでは、海外の相手は相手国の物流に明るくないため、取引の判断が難しい。
最低でも海外向け梱包をして、港や空港までの運賃も含んだ、いわゆるFOBの価格を提示すること。
 
その他に、商品PRの際の注意点、比較的低コストで行えるPR方法などの紹介を行いました。
 
 
以上、簡単にセミナーの内容のご紹介でした。
 
 
セミナー終了後、何人かの参加者の方とお話させていただきましたが、かなり具体的に中国への販路開拓を考えられている方もいらっしゃるようでした。
 
今回のセミナーでは正味20分程度の時間でお話したので、当日はだいぶ駆け足になってしまいましたが、今月下旬と再来月上旬に今回のセミナーの詳細版を行います。
 
7/29(土)「中国販路開拓のための4つの手段」
9/2(土)「中国人ビジネスパートナーの探し方と付き合い方」
 
時間はいずれも13時~15時です。
場所は宮城県よろず支援拠点上杉サテライト(宮城県仙台市青葉区上杉一丁目16番8号プロスペール本田3F)
定員は5名と少人数で行いますので、リラックスした雰囲気で、受講生同士の交流もできます。
参加費は無料です。
今回のセミナーを聞いていない方でも大丈夫ですし、どちらか片方の参加もOKですので、興味ある方はお気軽にお申込みください。
 
お申込みは宮城県よろず支援拠点のウェブサイトから申込み用紙をダウンロードし、FAXしていただくか、私まで直接ご連絡いただいても構いません。
 
参加お申込みをお待ちしております!