仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 合同会社ジェイドキャット 代表社員 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

初心にかえるための方法

2016年10月23日
本日は中小企業診断士の二次筆記試験でした。
私は例年通り、運営委員兼試験監督として仙台会場におりました。
 
受験された皆さま、大変お疲れ様でした!
結果はともかく、これでいったん勉強からは解放されますね。
私も試験終了後は解放感に浸ったものです。
とりあえずビールですかね(笑)
 
 
試験会場で受験生の方々を見ていると、自分もほんの数年前は受験生だったことを思い出します。
 
今でこそ、色々な方からお声掛けいただいたおかげで、お仕事には恵まれておりますが、決して驕らず、常に謙虚でありたいものです。
虚心使人进步,骄傲使人落后(謙虚は人を進歩させ、傲慢は人を落後させる)です。
 
そのためにも定期的に初心にかえることも必要だと思っています。
診断士以外でも、企業経営者の方であれば、「そもそも何故自分はこの事業を始めたんだっけ?」ということは、時々思い出すと、あらためて事業の目的や会社の存在意義を見直すことができるでしょう。
 
では、その初心を忘れないようにするための方法ですが、例えば手帳に書いておく、紙に書いて壁に貼っておくなど様々な方法があると思います。
ちなみに、私は「中小企業診断士を目指す理由」、「経営コンサルタント事業をやる理由」などをEvernoteにメモとして残しています。
 
要は気軽に見直しやすいところに書いておき、節目、節目で再確認をするということですね。
 
こうして書くと別になんということでもありませんが、実際やってみると意外に初心を振り返ることで得られる気付きは色々ありますよ。
 

健康診断を受けることで健康への意識付けを!

2016年9月11日
先日、健康診断を受けてきました。
私は30代前半は誰からも強制されなかったこともあり、何年か健康診断を受けない期間がありました。(当時はほとんど個人事業主でした)
 
そして久々に受けてみると要注意、要検査項目がいくつもあるではないですか。
20代の頃は一度も引っ掛かったことがなかったので衝撃でした。
 
以降、毎年受けるようにしているのですが、定期的に健康診断を受けて各数値の推移を確認できるようになると、ある程度、普段の生活でも健康に気を使うようになりました。
 
とはいってもやっていることはたいしたことではなくて、
・糖質を意識してセーブする(完全に抜いてはいない)
・野菜を意識して取るようにする
・なるべく歩くようにする
・なるべく階段を使うようにする
 
くらいです。
 
それでも、いくらか効果があったのか、今年は諸々の数値は若干ではありますが改善傾向にあります。
 
我々自営業者は会社員のように会社から健康診断の受診を促されることがないので、忙しさにかまけてついついサボってしまいがちですが、なんだかんだいって自分の身体は一番の資本です。
 
健康診断を受けるだけでも、健康的な生活をしようという意識付けが働くようになるので、もしご無沙汰してしまっている方は受けることをおススメします。
 
自治体によっても違うのかもしれませんが、35歳以上であれば自治体で安く検診を受けられるはずですので調べてみましょう。

中小企業診断士 二次試験(筆記)の成績開示請求をしてみました

2016年8月7日
昨日、今日は中小企業診断士 一次試験でしたね。
受験された方はお疲れ様でした!
 
私は今年も仙台地区の運営委員として会場におりました。
自分が受験したのは2012年なので、もう4年も前になるのですね。
 
それはさておき、今更ながら、二次試験(筆記)の成績開示請求をしてみました。
私が受験した年は合格率が高く、この高い合格率に救われたのではないかと思っていたので、きっとギリギリで合格しているんだろうなぁと思いながら結果を見てみると・・・
 
事例1:58(B)
事例2:65(A)
事例3:60(A)
事例4:67(A)
総合:62.5(A)
 
案の定、かなりギリギリですね(苦笑)
この年は、事例4でかなり傾向が変わった出題がされ、試験終了後はかなり悲観に暮れる声が多かったのですが、やはりかなり得点調整がされたのでしょう。
 
まぁ、トップで合格しようと、最下位で合格しようと、診断士は診断士です。
この時合格できたのは、きっと神様が「お前はさっさと合格して診断士として活動せよ」と命じられたからなのだと思っております。
 
一次試験が終わってもあっという間に二次試験です。
受験される方は引き続き頑張ってください!