仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 合同会社ジェイドキャット 代表社員 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

経営者が中小企業診断士資格を取るメリット

2016年12月21日
先日12/18(日)は中小企業診断士試験の口述試験でした。
この口述試験に合格することで、中小企業診断士試験としては終了です。
(登録には実務補習または実務従事が必要ですが)
 
私は4年前に口述試験を受けたのですが、過ぎてしまえばあっという間ですね。
私は当時、面接会場まで誘導していただいた先生も、面接官だった先生も誰だったか覚えておらず、後日、それぞれの先生からお声掛けいただいて初めて気付くという緊張ぶりでした。
 
 
受験時、私は既に独立しており、ソフトウェア開発やWeb制作などの受託業務をやっていたので、(従業員数1名とはいえ)経営者という立場でした。
 
(事業会社の)経営者で診断士を取る方はそんなに珍しくはなく、私の周囲にも何名かの先生が診断士兼経営者をやっています。
 
 
そこで今回は当時から今までを振り返り、経営者が中小企業診断士資格を取るメリットを3点挙げてみたいと思います。
 
1.経営に必要な知識が幅広く手に入る
診断士の一次試験は「経済学・経済政策」、「財務・会計」、「企業経営理論」、「運営管理」、「経営法務」、「経営情報システム」、「中小企業経営・中小企業政策」の七科目があります。
それぞれの科目はそこまで深くはないのですが、経営に関することを幅広く、体系的に学ぶことができます。
 
過去エントリーにも書きましたが、個人的には経営は総力戦だと思っています。営業だけ強い、財務だけ強いでは駄目で、全体的にカバーできる能力が経営者には求められます。(どうしても苦手な分野があるのであれば、それをフォローする人材が必要です)
 
診断士試験の勉強だけではもちろん不十分ですが、少なくとも自身が何を知らないかを知ることはできるのではないでしょうか。
 
 
2.経営に関する人間関係や情報を得やすくなる
診断士資格を取得すると、診断士関係の様々なコミュニティに参加できるようになります。
こういった場で得られる人間関係や情報は、なにも経営コンサルティングの仕事だけに限らず、自社の経営にも非常に価値のあるものです。
 
 
3.収入源が増える可能性が生まれる
これはご自身の仕事の方向性にもよりますが、診断士の資格を取ることで、経営コンサルティング事業という収入源を加えることも可能です。(診断士の資格が無くても経営コンサルティングはできますが、資格があった方がやりやすい面はあります)
 
当社も設立当初はソフトウェア開発やWeb制作などの受託業務が中心でしたが、診断士登録後は経営コンサルティング業務の比重がかなり大きくなりました。
 
 
もしこれをお読みの経営者で、診断士資格に興味をお持ちいただいた方は、きっとご自身の役に立つと思いますので是非頑張ってみましょう!
 
過去エントリーで私が診断士合格した時の勉強方法を紹介しています。
5年前の情報なのでちょっと古いですが、興味ある方はご覧ください。

”死”を意識する

2016年12月4日
タイトルからすると、「大丈夫かこいつ?」と思われるかもしれませんが、ネガティブな話ではありませんのでご安心を。
 
 
先週、ちょっと思い当たる節があったこともあり、大腸の内視鏡検査を受けてきました。
検査自体はなかなかしんどいものがありましたが、結果は大きな病気も見つからず、一安心といったところです。
 
 
しかし、病院で診察を受けてから検査までの約1週間は、どうしてもネガティブなことが頭から離れませんでした。
 
ネット上の情報では、自覚症状が出ている場合、がんは既に手遅れの可能性が高いなどと書かれていて、読めば読むほど不安になります。
 
私は臆病な性格なので、「最悪のケース」を想定しておかないと落ち着きません。
ここでいう「最悪のケース」とは、「がんが手遅れで余命宣告をされる」ことです。
もし余命宣告が出されたらどうしようかということをあれこれと考えるわけですね。
 
仮に残り3ヶ月だとしたら、まずは今抱えている仕事をどう整理していくかに頭が行くところは我ながら真面目だなと思います(笑)
 
そして、これまでやっていた自己成長のための自己啓発などは全て中止せざるを得ないでしょう。
以前のエントリーでも書いたように、「当分は死なないと信じているからこそ」自己成長のための行動ができるのです。
 
そこで捻出した時間を、家族や友人、大切な人と過ごしたり、一度はやっておきたかったことのための時間にあてたいと思っています。
 
ふと気づいたのですが、これが最後だと思って人に会うと、基本的に感謝とお詫びの言葉しか出てこないものですね。
 
 
・・・まぁそんなことをツラツラ一週間ほど考えていたわけですが、杞憂に終わってホッとしております。
 
改めて、まだまだ死ねない、死にたくないと思いました。
”死”を意識すると生きていけることのありがたみを実感しますね。
 
これからも頑張りますので、関係各位の皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

初心にかえるための方法

2016年10月23日
本日は中小企業診断士の二次筆記試験でした。
私は例年通り、運営委員兼試験監督として仙台会場におりました。
 
受験された皆さま、大変お疲れ様でした!
結果はともかく、これでいったん勉強からは解放されますね。
私も試験終了後は解放感に浸ったものです。
とりあえずビールですかね(笑)
 
 
試験会場で受験生の方々を見ていると、自分もほんの数年前は受験生だったことを思い出します。
 
今でこそ、色々な方からお声掛けいただいたおかげで、お仕事には恵まれておりますが、決して驕らず、常に謙虚でありたいものです。
虚心使人进步,骄傲使人落后(謙虚は人を進歩させ、傲慢は人を落後させる)です。
 
そのためにも定期的に初心にかえることも必要だと思っています。
診断士以外でも、企業経営者の方であれば、「そもそも何故自分はこの事業を始めたんだっけ?」ということは、時々思い出すと、あらためて事業の目的や会社の存在意義を見直すことができるでしょう。
 
では、その初心を忘れないようにするための方法ですが、例えば手帳に書いておく、紙に書いて壁に貼っておくなど様々な方法があると思います。
ちなみに、私は「中小企業診断士を目指す理由」、「経営コンサルタント事業をやる理由」などをEvernoteにメモとして残しています。
 
要は気軽に見直しやすいところに書いておき、節目、節目で再確認をするということですね。
 
こうして書くと別になんということでもありませんが、実際やってみると意外に初心を振り返ることで得られる気付きは色々ありますよ。