仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

社名・組織変更をしました

2017年11月19日
当社は11/15付けで社名・組織変更を行いました。
旧)合同会社ジェイドキャット
新)翠星企画株式会社
 
読み方は「スイセイキカク」です。
 
 
これに伴い、当ブログや会社ウェブサイトのアドレス、メールアドレスが変更になっています。
 
所在地等はそのままです。
 
 
変更の経緯を簡単にお話しますと、事業を今後拡大していく上で、「株式会社」の名称が欲しくなったということが大きな理由です。
新しくお会いした方から「合同会社って何?」、「代表社員ってどういうこと?」と聞かれることもたびたびあり、残念ながら合同会社の知名度がまだまだ低いことを実感しました。
 
経営コンサルティング業を1人で行っていくだけであれば、会社名や組織形態はあまり重要でないのでそのままでもよかったのですが、今後、中国市場開拓事業など、組織的に取り組んでいく事業展開もしていくため、「株式会社」という名称の信頼感が欲しくなりました。
 
 
名称の由来については、会社ウェブサイトからの抜粋を載せておきます。
 
翠星企画の「翠」は、宝石の翡翠です。翡翠は中国では商売のお守り的な意味もあり、当社顧客の事業が今後も健全に続いていく願いを込めています。
「星」には当社顧客が輝いた企業になってほしいという願いを込めています。
「企画」は戦略立案、事業計画策定といった当社事業内容を示したものとなります。
 
近年、横文字の会社名が多い中であえて漢字にしたのは、中国ビジネスを行っていることと、社名を見てすぐイメージがつきやすいよう表意文字である漢字を使ったという意図からです。
 
 
今後ともお引き立てのほどよろしくお願いいたします!

会社を倒産させて苦しんだこと

2017年8月20日
今回のエントリーではちょっと個人的な昔話をします。
 
 
会社を倒産させてしまった経営者にはいろいろな悩み・苦しみがあると思います。
一般的なイメージでは、経済難により生活が苦しくなる、これからの生活の糧を得るための仕事が見つからない、多くの人に迷惑をかけてしまったことによる自責の念などでしょうか。
 
私も過去に会社を倒産させてしまったときには、これらの悩み・苦しみは当然ありましたが、今振り返ると一番苦しかったのは、これからの目標が無くなってしまったことだったように思います。
 
 
会社を経営している時は、当然、中長期的なビジョンや、成し遂げていきたいことからはじまり、年ごと、月ごとの売上や利益といった定量的な目標ものから、○○をやりたい、○○のような組織にするといった定性的なものまで、様々な目標を設定していました。
 
それから、会社の目標だけでなく、個人的な目標(○○年後にはこういう風になっていたい、こういうことができるようになっていたい)などもありました。
 
目標達成のための行動は、もちろん楽ではありませんでしたが、思い描く明るい未来へ向けて進んでいる感があったので、苦しくはなく、むしろ充実感がありました。
 
 
しかし、会社倒産後はその全てが無になりました。いえ、実際は無になったわけではなかったのでしょうが、自身の気持ちとしては無になった気がしました。
当時、まだ29歳。人生を諦めるにはまだ早すぎます。
当然、これからのことを考えなければならないのですが、いったい自分が何をしていけばよいかがわからなくなってしまいました。
 
もちろん生活はしていかなければなりません。私は元々エンジニアで、当時は(今もですが)慢性的なエンジニア不足だったこともあり、多少ブランクがあっても仕事にありつくことはできました。
 
しかし、この先ずっと同じことをし続けていくことはできないだろう、という不安が消えず、様々なことに手を出しては、中途半端で止めてしまうということを繰り返していました。
 
 
「これからいったい自分は何を目指していけばいいのか」
 
「自分は何をしていくべきなんだろう」
 
「そもそも自分は本当は何がやりたかったのだろう」
 
 
こんなことを3年以上、悶々と繰り返していました。
正直、苦しかったです。
 
ただ、私は人様に迷惑をかけた身なので、「苦しい」とか言っちゃいけない気がしていました。これは己の罪であり、罰を受けているのだと考えていました。
 
今でこそ、再び目標を持てるようになり、自分がやっていきたいことも見えてきて、仕事も充実していると言えるようになりましたが、あの頃の苦しみを忘れることはできません。
 
 
以前、何度か自主開催した勉強会では少しお話しましたが、だからこそ他の人、特に起業したばかりでこれから頑張っていこうとしている人には、自分と同じ思いはしてほしくないという想いが強いです。
 
マイナスの経験もたしかに人生の糧にはなるかもしれませんが、やはり避けられるものは避けた方がいいと思います。
 
倒産させちゃうと、色々失うものもあるし、再び事業しようにもハンデが残りますから。
ちなみに倒産のさせ方もハードなやつからソフトなやつまで様々ありますが、その辺は機会があればお話したいと思います。
 
 
・・・ということで、経営者の皆さん、なるべくなら倒産させないように頑張っていきましょう。

選ばなかった選択肢が魅力的に見える(こともある)

2017年3月19日
今日はあえてボンヤリした書き方をします。そして特にオチもありません。
 
経営だけに限りませんが、生きているとしばしば選択に迫られます。
Aを選ぶか、それともBを選ぶかで悩んだことがある方は大勢いらっしゃるでしょう。
 
前回のエントリーでは、そういったときにどちらを選ぶか決めるための方法をご紹介しました。
 
 
では、色々考えた末に、A、Bどちらかを選んだとしましょう。
Aを選んだら、Bは捨てなければならないとします。
 
個人的には、どちらを選んだとしても、その時点から、選んだ選択肢の中で最善の結果を出せるように努力すべきだと思っています。
 
「もしかしたらBを選んでいた方がよかったんじゃないか」
と頭をよぎることがあっても、もうそこには戻れないのだから、選んだ選択に責任を持ち、その中でどうやっていくべきかに考えを集中することが望ましいでしょう。
 
 
しかしですね。
頭ではそれが正しいとわかっていても、ついつい「やっぱりBの方がよかったんじゃないか」と思ってしまい、Bを選んでいた場合の想像をあれこれしてしまうこともあります。
 
特に現状、Aがあまり上手くいっていない場合に多いですね。
 
無駄だとわかっていても。
 
こういった現象(?)、何か名前があるのでしょうか。
ただの「現実逃避」なのでしょうか。