仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 合同会社ジェイドキャット 代表社員 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

会社を倒産させて苦しんだこと

2017年8月20日
今回のエントリーではちょっと個人的な昔話をします。
 
 
会社を倒産させてしまった経営者にはいろいろな悩み・苦しみがあると思います。
一般的なイメージでは、経済難により生活が苦しくなる、これからの生活の糧を得るための仕事が見つからない、多くの人に迷惑をかけてしまったことによる自責の念などでしょうか。
 
私も過去に会社を倒産させてしまったときには、これらの悩み・苦しみは当然ありましたが、今振り返ると一番苦しかったのは、これからの目標が無くなってしまったことだったように思います。
 
 
会社を経営している時は、当然、中長期的なビジョンや、成し遂げていきたいことからはじまり、年ごと、月ごとの売上や利益といった定量的な目標ものから、○○をやりたい、○○のような組織にするといった定性的なものまで、様々な目標を設定していました。
 
それから、会社の目標だけでなく、個人的な目標(○○年後にはこういう風になっていたい、こういうことができるようになっていたい)などもありました。
 
目標達成のための行動は、もちろん楽ではありませんでしたが、思い描く明るい未来へ向けて進んでいる感があったので、苦しくはなく、むしろ充実感がありました。
 
 
しかし、会社倒産後はその全てが無になりました。いえ、実際は無になったわけではなかったのでしょうが、自身の気持ちとしては無になった気がしました。
当時、まだ29歳。人生を諦めるにはまだ早すぎます。
当然、これからのことを考えなければならないのですが、いったい自分が何をしていけばよいかがわからなくなってしまいました。
 
もちろん生活はしていかなければなりません。私は元々エンジニアで、当時は(今もですが)慢性的なエンジニア不足だったこともあり、多少ブランクがあっても仕事にありつくことはできました。
 
しかし、この先ずっと同じことをし続けていくことはできないだろう、という不安が消えず、様々なことに手を出しては、中途半端で止めてしまうということを繰り返していました。
 
 
「これからいったい自分は何を目指していけばいいのか」
 
「自分は何をしていくべきなんだろう」
 
「そもそも自分は本当は何がやりたかったのだろう」
 
 
こんなことを3年以上、悶々と繰り返していました。
正直、苦しかったです。
 
ただ、私は人様に迷惑をかけた身なので、「苦しい」とか言っちゃいけない気がしていました。これは己の罪であり、罰を受けているのだと考えていました。
 
今でこそ、再び目標を持てるようになり、自分がやっていきたいことも見えてきて、仕事も充実していると言えるようになりましたが、あの頃の苦しみを忘れることはできません。
 
 
以前、何度か自主開催した勉強会では少しお話しましたが、だからこそ他の人、特に起業したばかりでこれから頑張っていこうとしている人には、自分と同じ思いはしてほしくないという想いが強いです。
 
マイナスの経験もたしかに人生の糧にはなるかもしれませんが、やはり避けられるものは避けた方がいいと思います。
 
倒産させちゃうと、色々失うものもあるし、再び事業しようにもハンデが残りますから。
ちなみに倒産のさせ方もハードなやつからソフトなやつまで様々ありますが、その辺は機会があればお話したいと思います。
 
 
・・・ということで、経営者の皆さん、なるべくなら倒産させないように頑張っていきましょう。

選ばなかった選択肢が魅力的に見える(こともある)

2017年3月19日
今日はあえてボンヤリした書き方をします。そして特にオチもありません。
 
経営だけに限りませんが、生きているとしばしば選択に迫られます。
Aを選ぶか、それともBを選ぶかで悩んだことがある方は大勢いらっしゃるでしょう。
 
前回のエントリーでは、そういったときにどちらを選ぶか決めるための方法をご紹介しました。
 
 
では、色々考えた末に、A、Bどちらかを選んだとしましょう。
Aを選んだら、Bは捨てなければならないとします。
 
個人的には、どちらを選んだとしても、その時点から、選んだ選択肢の中で最善の結果を出せるように努力すべきだと思っています。
 
「もしかしたらBを選んでいた方がよかったんじゃないか」
と頭をよぎることがあっても、もうそこには戻れないのだから、選んだ選択に責任を持ち、その中でどうやっていくべきかに考えを集中することが望ましいでしょう。
 
 
しかしですね。
頭ではそれが正しいとわかっていても、ついつい「やっぱりBの方がよかったんじゃないか」と思ってしまい、Bを選んでいた場合の想像をあれこれしてしまうこともあります。
 
特に現状、Aがあまり上手くいっていない場合に多いですね。
 
無駄だとわかっていても。
 
こういった現象(?)、何か名前があるのでしょうか。
ただの「現実逃避」なのでしょうか。

Facebookのなりすましに引っかかってしまった件について

2017年2月7日
先日、自分のFacebookには書いたのですが、Facebookのなりすましに引っかかり、LINEアカウントが乗っ取られてしまいました。
 
その結果、私のなりすましからLINEで多くの方に「近くのコンビニでBitCashのカードを買ってきてほしい」という、一時期流行(?)した詐欺メッセージが行ってしまいました。
 
ご迷惑をおかけした方には改めてお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした。
 
 
一応、「ITに詳しい人」というポジションで活動しているにも関わらず、みごとに引っかかってしまったというのは正直恥ずかしいです。
 
事の経緯としては、仕事で時々やり取りのあるFacebook上の友達からのFacebookメッセージでした。
 
「今忙しい?そちらの携帯で検証コードメッセージを受け取ってくれる?」
 
その友達もIT系には強い方でした。
私はこれを見て、何か開発中サービスのテストの協力でも依頼してきたのかな?と思ってしまいました。
 
昔、開発の仕事をしていたころは、似たような話が実際にあったこと、そしてそれを送ってきたのが「IT系に強い」方だったため、すっかり信じ込んでしまいました。
 
これが全然ITと関係ない方からのメッセージだったら、疑問を抱いたのでしょうが・・・
 
その方(実際はその方のなりすまし)に対して、携帯番号とそれを使ってLINEから発信させたと思われる認証コードを送ってしまったあと、なりすまし相手が私のLINEアカウントに携帯認証を短時間で繰り返すことでログインできなくさせ、見事に乗っ取られてしまいました。
 
そしてそのあとは冒頭で書いた、
「今忙しい?ちょっと手伝って欲しいんだけど」
「近くのコンビニでBitCashカードを何枚か買ってきて欲しいんだけどいいかな?」
 
といった、定番(?)の詐欺メッセージが、私の電話帳に登録している方向けに、バンバン飛んでしまったというわけです。
 
 
以下のウェブサイトにまさに私が引っかかった手口が載っています。
 
Facebookメッセージ「今、忙しい?」は乗っ取り犯
https://1kando.com/38803
 
 
皆さん、おそらく「自分はこんなバカみたいな手口には引っかからない」とお考えでしょうが、色々な条件が重なると、普段は引っかからないような手口にもコロッとやられることもあるかもしれない、と心のどこかに置いておいていただければ幸いです。
 
何かの本で読んだ話ですが、「プロの詐欺師に本気で狙われたら逃れることは不可能」らしいです。ご注意あれ。