仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 合同会社ジェイドキャット 代表社員 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

クラウド会計freeeで本当に経理が楽になるか?

2017年2月19日
最近、クラウド会計という言葉をよく聞くようになったと思います。
クラウド会計といえば、freeeかMFクラウド会計の2つが業界2トップと言われています。
 
・freee
https://www.freee.co.jp/
 
・MFクラウド
https://biz.moneyforward.com/
 
 
前から気になっていたことと、最新のトレンドを把握しておく必要性もあり、今期から、当社でもクラウド会計freeeと給与freeeを導入しました。
 
 
先週、2/16(木)には、東北工業大学さん主催のICTを活用したビジネス革新セミナーで「インターネットを活用したらくらく経理」というタイトルで、中小企業のためのfreee活用に関するお話をさせていただきました。
 
そこでもお話させていただいたのですが、結論から言うと、確かに当社の経理業務はfreeeの活用でだいぶ楽になりました。
 
 
freeeはシステムのコンセプトとして、「会計に詳しくない人でも楽に使えること」、そして「バックオフィス業務を効率化すること」ということを掲げています。
 
これまで会計ソフトを使うために必須であった複式簿記の知識は不要です。
(逆に、簿記の知識がある人は、最初は色々戸惑いがあると思います)
 
「効率化」のための工夫も色々施されています。
 
よく宣伝されているのは、銀行取引情報やクレジットカード取引情報を自動で取りこんで、仕訳までしてくれるという機能。
 
最初のうちは、取りこんだ情報を、ある程度、自分で内容判別して処理していく必要があるのですが、一度登録すると2回目以降は自動で処理してくれます。
そうすると、だんだん自動処理の比率があがり、ほとんど手で処理する必要が無くなってくるのです。
 
 
また、現金取引等での領収書の経理処理。これはスキャン機能というものがあり、これによって領収書やレシートを読み取って、自動で仕訳してくれる仕組みです。
 
私はスマホで撮影するのは面倒そうだし、専用スキャナは持っていないので、まだこの機能については使っていないのでなんとも言えませんが、スキャンを手軽かつ効率的に出来るのであれば良さそうです。
あとは、どの程度、読み取りの精度があるかですね。
ただ、実際やっている人の話を聞く限りですと、まだまだ課題ありの感じです。今後に期待ですね。
 
私は現金取引等の領収書は、エクセルインポートという機能を使って、一括で取りこむようにしています。
エクセルだと慣れた操作で同じような仕訳はどんどんコピペできるので、普通にfreee上から取引を入力していくより、かなり早くできると思います。
 
クラウド会計のデメリットとして、通常はインストール型ソフト(弥生会計など)と比べて、処理スピードが遅いという問題がありますが、このエクセルインポート機能を使えば、入力自体はインストール型ソフトと変わらないスピードでできます。
 
 
それから、給与処理と会計の連動もありがたいです。
当社は私含めて2人の会社ですが、社会保険や源泉所得税、住民税の徴収や支払いに絡む仕訳は結構ややこしいです。
これが給与の金額などを設定しておけば、数回のクリックで給与明細の発行、給与計上時の仕訳、給与支払いや社会保険納付時の仕訳までできるので、大変ありがたいです。
 
 
もしクラウド会計に興味が出てきた方がいれば、是非試してみましょう。
freeeは1ヶ月間は無料でお試しできます。
 
また、あまりお伝えしてこなかったですが、実は私はfreeeの認定アドバイザーに登録しているので、導入のお手伝いもできます。
ご興味ある方は一度お問い合わせください。⇒こちらからどうぞ

長期的に継続しているという事実も自信の源になる

2017年1月15日
過去エントリー「失った自信を取り戻す方法」で自信をつけるには成功体験を積み上げることだと書きました。
 
確かに小さな成功であれ、結果を出すことが自信に繋がることは間違いありません。
 
 
ただ、「結果を出す」だけでなく、「長期に継続している」ということで自信に繋がることもあるのではないかということに最近気付きました。
 
あるテーマのことをコツコツと何年も続けるということは、そう簡単なことではありません。
多くの人が途中で飽きたり、諦めたりする中で、それを続けているというだけで他者との差別化や自分の強みに繋がっていきます。
過去エントリー「才能のないやつは努力するしかない」でも書いた通り、他社と差別化できるレベルの強みというのは、何十年もかけて地道にコツコツ積み上げるか、リソースを集中投下したとしても数年はかかるものです。
そうでないと、すぐに真似されてしまうでしょう。
 
そして「ここまで続けてこれた」という事実が自信に繋がるのではないでしょうか。
 
これは別に趣味等でも構わないと思います。
趣味であれ何年も続けているということは、何かしら理由があるのでしょうし、仕事や人生にプラスになる強みが生まれているはずです。
 
是非、一度ご自身がこれまで長く続けてきたことを振り返っていただき、「実はこれってすごいことなのでは?」と気付いていただきたいと思います。
 

年末年始における計画の立て方

2017年1月3日
新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
私は去年と同様、年末にまる1日時間を取って、1年の振り返りや来年の目標や計画を立てると同時に、中長期的にやりたいことや目指したいことをあれこれ考えていました。
 
昨年末は色々と立て込んでいたのですが、年に1度のこの時間だけは優先的に確保するようにしています。
たまにはじっくりと考える時間も必要ですからね。
 
 
私はここ数年は、だいたい1日で10年程度の長期計画から、1年の年間計画まで作るようにしています。
参考になるかわかりませんが、その際の流れを簡単にご紹介しておきます。
 
 
1.その年の総括を行う
まず初めに、その年の総括を行います。「今年良かったこと」と「反省すべきこと」を列挙し、それぞれについてベスト3を決めます。
その過程で、自然とその年の総括ができるので、思いつくまま文章化します。
 
ちなみに、「今年良かったこと」の1つとして、「HSK(漢語水平考試)の4級を取る」という目標が達成できました。有言実行できると嬉しいですね。
 
逆に「反省すべきこと」のトップとしては、「今年も間食が止められなかったこと」です。。。
 
 
2.長期計画から、年間計画までの落とし込み
次に、長期計画から、年間計画までの落とし込みを行います。
ここ数年は、長期計画については、自分の年齢を5歳刻みにして、次の次の区切りまでに、自分がどうなっていて、何をしたいかについて考えるようにしています。
(私の場合、今は37歳なので、45歳となる8年後をターゲットにしています)
正直、そんなに先のことはわからないし、変わると思いますが、今、現時点でどうしたいか、ということを記録しておくのも良いのではないでしょうか。
 
そしてその次は中期計画として3年計画です。私は基本的にロール方式を取っているので、去年であれば2016年~2018年の計画、今年については2017年~2019年の計画となります。
去年の内容が残っているので、基本的にはそれを1年繰り越して内容の修正、追加を行うだけなので、大きく方向性を変えるのでなければさほど時間はかかりません。
 
それから年間計画の作成を行います。ここまで来るとだいぶ具体的な内容になってきます。例えば、年間の収益目標だったり、目指したい仕事の構成、取りたい資格の目標、その他プライベートでやりたいことなどを、時期まで含めて記載します。
 
 
3.TODOリストへの展開
年間計画まで出来たら、あとはそれを達成するための、具体的な行動をTODOリストに展開します。
私の場合はGoogleカレンダーで管理しているので、それぞれのTODOを決めた時期に追加していきます。
これらのTODOを全て消化しきれば、大変充実した1年になるはずです(笑)
 
 
計画の立て方は人それぞれだとは思いますが、何かの参考になれば幸いです。