仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

イノベーションの解

2014年4月28日
以前ご紹介したイノベーションのジレンマの続編である、イノベーションへの解~利益ある成長に向けて~(クレイトン・クリステンセン/マイケル・レイナー著)を読みました。
 

 
前作は優良企業が破壊的イノベーションによって市場での地位を失ってしまうということ、破壊的イノベーションに対応するための方法について書かれていました。
本作では、逆にベンチャー企業等の視点から、破壊的イノベーションによって、優良企業を打ち負かすための方法について書かれています。
 
以下、本文からの一部抜粋です。
=============================================================================
・どうすれば最強の競合企業を打ち負かすことができるか。どのような戦略を取れば競合企業に滅ぼされ、また逆にどのような行動方針に従えば優位に立てるか。
 
・どのような製品を開発すべきか。顧客は従来製品に対する、どのような改良に喜んで割増価格を支払い、どのような改良には関心を払わないか。
 
・利益ある事業を築く上で、最も発展性のある基盤となるのは、どのような初期顧客か。
 
・製品の設計、生産、販売、流通に必要な活動のうち、どれを社内で行い、どれを提携先や下請け業者に任せるべきか。
 
・どのようにすれば魅力ある利益の源泉である、強力な競争優位を確実に維持できるか。コモディティ化の前兆を捕らえるには、どうすればいいか。魅力ある利益を維持するためには、何をすればいいか。
 
・新事業にとって最適な組織構造とは何か。どのような組織部門やマネージャーに、新事業の成功を導く責任を任せるべきか。
 
・必勝戦略の細部を正しく詰めるには、どうすればいいか。柔軟性が重要なのはどんなときで、柔軟であるがゆえに失敗するのはどんなときか。
 
・誰の投資資金が成功を促し、誰の資金が命取りになるか。各発展段階で、最も役に立つ資金源はどれか。
 
・事業の成長を維持させるために、上級役員はどのような役割を果たさなくてはならないか。上級役員は新成長事業の運営を誰に任せるべきか。上級役員が新事業に干渉すべきでないのはいつで、関与すべきなのはいつか。
=============================================================================
 
少々本文が難しく感じますが、非常に読み応えのある1冊でした。
特にこれから起業しようとする人、新しく事業を立ち上げようとしている人にはお勧めします。

裏方力が人を動かす

2014年4月13日
私が二期生として受講している取材の学校の主催者、堀切研一さんの著書です。
 

 
この本を読んで、「ひょっとすると自分も裏方の方が得意なのかもしれない」と思いました。
元々、経営者としてやってきたため、自分が前に出て色々やるのが当然だと考えてきましたが、正直、そのことに違和感を感じることが時々ありました。
そして過去にうまく行った仕事は、裏方に回った仕事が多かった気がします。
 
この本には、裏方力とは何か、裏方力を身につけ伸ばすにはどうすればいいか、といったことが書かれています。
あまりページ数も多くなく、読みやすい本ですので、裏方力に興味があれば是非読んでみてください。

イノベーションのジレンマ

2014年3月2日
師匠からの推薦図書、イノベーションのジレンマ~技術革新が巨大企業を滅ぼすとき~(クレイトン・クリステンセン著)を読みました。
 

 
この本によると、イノベーションには、持続的イノベーションと、破壊的イノベーションの2種類があり、優良企業はその優良さ故に破壊的イノベーションに対応出来ず、破壊的イノベーションによる製品を持った企業に市場を奪われてしまうということでした。
 
この本には、優良企業が破壊的イノベーションに対応するための方法が書いてありますが、逆に考えると中小零細企業が破壊的イノベーションを武器に優良企業である大企業に対抗していくためのヒントが得られるような気がします。
 
何か自分のビジネスに役立てることは出来ないかと考えさせられる1冊でした。