仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 合同会社ジェイドキャット 代表社員 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

平成29年度 宮城県よろず支援拠点のご紹介

2017年4月23日
私も参画している宮城県よろず支援拠点ですが、新年度になりさらに新しいコーディネーター(相談対応を行う専門家)が参画して体制も変わりましたので、改めてご紹介したいと思います。
 
よろず支援拠点については、何度かこのブログでも触れているので、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、中小企業庁(国)が管轄する無料の経営相談所です。
中小企業・小規模事業者(個人事業主を含みます)はもちろん、創業前の方の創業相談にも対応しております。
 
全国47都道府県に1箇所ずつ設置されており、宮城県は仙台市青葉区の上杉に拠点があります。
 
宮城県よろず支援拠点ウェブサイト
http://www.yorozu.miyagi-fsci.or.jp/
 
宮城県よろず支援拠点では、今年度から新たなコーディネーターが参画し、より多くの事業者の皆様のご相談対応ができるようになりました。
 
たとえば、ニーズが高く、相談件数も多かったIT関連については2名増員されていますし、ニーズが高かったものの、やや対応が薄い部分であった商品パッケージデザインについての専門家も加わりました。
 
また、今年度から女性コーディネーターが2名参画したので、女性目線での提案などもできるようになるはずです。
 
よろず支援拠点が他の支援機関と違うのは、無料であるだけでなく、「課題が解決するまで何度でも」ご相談が可能な点です。
 
経営についてのお困りごとやお悩みがあれば、些細なことでもどうぞお気軽にご利用いただければと思います。
 
申込みは宮城県よろず支援拠点ウェブサイトからお問い合わせいただくか、022-393-8044までお電話ください。
 
もちろん、ひとまず私が直接受け付けることもできます。その際は私まで相談希望の旨ご連絡ください。 ご連絡、お待ちしております。

「おもてなし規格認証」を取っておくといいことがある?

2017年2月12日
サービス品質を「見える化」するための国の施策として、「おもてなし規格認証」があります。
 
 
先日、「おもてなし規格認証2017」として、「★(金認証)」「★★(紺認証)」「★★★(紫認証)」という上位認定も加りました。
 
「おもてなし規格認証2017」の登録サイトにアクセスして、自社の取組項目にチェックすると「おもてなし規格認証2017」マークと登録証がもらえます。
 
マークや登録証は、店頭などに掲出することができますので、みなさんが提供するサービスの品質や取組のPRにつながります。
 
 
先日ご紹介したIT導入補助金では、この認証の有無が審査に影響するようです。
 
また、これらの認証を取得することで、日本政策金融公庫などの政府系金融機関から低利融資が受けられる制度も今年の春からスタートするようです。
 
 
国としてはこの認証を推していく方針のようなので、まずは無料の紅認証を取っていただくのがよいのではないでしょうか。
 
詳しくは以下の「おもてなし規格認証」のウェブサイトをご覧ください。
https://www.service-design.jp/

「IT導入補助金」公募のお知らせ

2017年1月31日
ITツールの導入により、中小企業・小規模事業者等の生産性を向上を図ることを目的とした、「IT導入補助金」(サービス等生産性向上IT導入支援事業)の公募が1/27(金)から始まりました。
 
ITツールとは例えば、予約システム、顧客管理システム、決済システム、財務・会計管理システム、給与システム、受発注システムのような、会社業務の生産性向上に資するシステムのことです。
 
補助額は上限100万円、下限20万円で、補助率は2/3です。
 
補助金の申請は、「IT導入支援事業者」による代理申請になります。
申請をお考えの方は、まずは「IT導入支援事業者」に相談することになります。
 
この「IT導入支援事業者」を探すには、最後にご紹介する事務局ホームページから検索することができるのですが、不慣れな事業者の方が自社にとって適切な「IT導入支援事業者」を探すのは難しいのではないかという気がします。
 
そこで「事業計画の策定及びIT導入に係る専門家」に相談する、というスキームになっているのだと思います。
なお、この「専門家」はミラサポに登録している専門家のことを指します。
 
公募締切は、2月28日(火)17時までです。
詳細はこちらからの事務局ホームページをご覧ください。
https://www.it-hojo.jp/