仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

Facebookのなりすましに引っかかってしまった件について

2017年2月7日
先日、自分のFacebookには書いたのですが、Facebookのなりすましに引っかかり、LINEアカウントが乗っ取られてしまいました。
 
その結果、私のなりすましからLINEで多くの方に「近くのコンビニでBitCashのカードを買ってきてほしい」という、一時期流行(?)した詐欺メッセージが行ってしまいました。
 
ご迷惑をおかけした方には改めてお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした。
 
 
一応、「ITに詳しい人」というポジションで活動しているにも関わらず、みごとに引っかかってしまったというのは正直恥ずかしいです。
 
事の経緯としては、仕事で時々やり取りのあるFacebook上の友達からのFacebookメッセージでした。
 
「今忙しい?そちらの携帯で検証コードメッセージを受け取ってくれる?」
 
その友達もIT系には強い方でした。
私はこれを見て、何か開発中サービスのテストの協力でも依頼してきたのかな?と思ってしまいました。
 
昔、開発の仕事をしていたころは、似たような話が実際にあったこと、そしてそれを送ってきたのが「IT系に強い」方だったため、すっかり信じ込んでしまいました。
 
これが全然ITと関係ない方からのメッセージだったら、疑問を抱いたのでしょうが・・・
 
その方(実際はその方のなりすまし)に対して、携帯番号とそれを使ってLINEから発信させたと思われる認証コードを送ってしまったあと、なりすまし相手が私のLINEアカウントに携帯認証を短時間で繰り返すことでログインできなくさせ、見事に乗っ取られてしまいました。
 
そしてそのあとは冒頭で書いた、
「今忙しい?ちょっと手伝って欲しいんだけど」
「近くのコンビニでBitCashカードを何枚か買ってきて欲しいんだけどいいかな?」
 
といった、定番(?)の詐欺メッセージが、私の電話帳に登録している方向けに、バンバン飛んでしまったというわけです。
 
 
以下のウェブサイトにまさに私が引っかかった手口が載っています。
 
Facebookメッセージ「今、忙しい?」は乗っ取り犯
https://1kando.com/38803
 
 
皆さん、おそらく「自分はこんなバカみたいな手口には引っかからない」とお考えでしょうが、色々な条件が重なると、普段は引っかからないような手口にもコロッとやられることもあるかもしれない、と心のどこかに置いておいていただければ幸いです。
 
何かの本で読んだ話ですが、「プロの詐欺師に本気で狙われたら逃れることは不可能」らしいです。ご注意あれ。