仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

12

向上心の無さは罪なのか?

2017年2月26日
何の業種や職種であれ、自身の仕事の価値を上げていこうと思えば、向上心を持って、新たなスキルの獲得やスキルアップのための勉強や訓練に励むことは必要だと思います。
 
しかし、変化の少ない業務環境の中に長く身を置き、新しいことを覚えなくても仕事が回せるようになる状態が続く中で年を重ねてくると、日常業務が忙しかったり、家族と過ごす時間が必要だったり、プライベートな事情で多くの時間を割かざるを得なかったりで、目の前の仕事には真面目に取り組むものの、スキルアップのための勉強や訓練などはしなくなってしまう人も少なくないはずです。
 
そんな中で、ある日突然、「うちの会社には向上心を無くした者は不要です」と言われ、職場の中で居場所を無くしてしまうとしたらどうでしょう。
 
確かに向上心はあったほうがいいのでしょうが、向上心が無いということは罪であり、長年会社に貢献してきた人間を路頭に迷わせるほどの罰を受けなければならないものなのでしょうか。
 
 
今日ご紹介する「レッドビーシュリンプの憂鬱」(リーベルG著)では、新しい技術の習得に熱心な若手エンジニアによって、経験年数は長いが新たな技術の習得などはしない(or できない)年配エンジニアが会社から駆逐されることの是非が描かれています
。  

 
IT業界(受託ソフト開発企業)が舞台ですが、特にITエンジニアでなくとも理解できる内容です。
 
(元々はITmediaのエンジニアライフに「罪と罰」というタイトルで掲載されていたWeb小説です)
 
 
私ももっと若かった頃なら、「自己研鑽を怠ったんだからそれは自己責任でしょ」と思ったでしょうが、年を重ねるとそう単純な問題ではないと考えるようになりました。
 
本文中にも記述がありますが、年を取れば体力も記憶力も落ちてくるし、家族ができたり、親の面倒を見なければならなくなったりで、自分の時間が作れなくなってきます。
だんだん新しい技術にはついていけなくなる中で、ものすごいスピードでスキルアップしてくる優秀な若手には同じ土俵ではもはや太刀打ちできなくなります。
そうして、現場に居場所がなくなるのです。
 
私も元々エンジニアなのでよくわかります。
私の場合は、完全に駆逐される前に、”優秀な若手”とは違う土俵で戦えるようにしました。
もちろん、今後も状況を見ながら、ポジションを移っていく必要があると思っています。
 
なにはともあれ、いろいろ考えさせられました。
単純に読み物としても面白いので、興味が出てきた方は是非どうぞ。
(Webでも読めます。書籍版は結末が若干違うのと、特別編が追加されています)

クラウド会計freeeで本当に経理が楽になるか?

2017年2月19日
最近、クラウド会計という言葉をよく聞くようになったと思います。
クラウド会計といえば、freeeかMFクラウド会計の2つが業界2トップと言われています。
 
・freee
https://www.freee.co.jp/
 
・MFクラウド
https://biz.moneyforward.com/
 
 
前から気になっていたことと、最新のトレンドを把握しておく必要性もあり、今期から、当社でもクラウド会計freeeと給与freeeを導入しました。
 
 
先週、2/16(木)には、東北工業大学さん主催のICTを活用したビジネス革新セミナーで「インターネットを活用したらくらく経理」というタイトルで、中小企業のためのfreee活用に関するお話をさせていただきました。
 
そこでもお話させていただいたのですが、結論から言うと、確かに当社の経理業務はfreeeの活用でだいぶ楽になりました。
 
 
freeeはシステムのコンセプトとして、「会計に詳しくない人でも楽に使えること」、そして「バックオフィス業務を効率化すること」ということを掲げています。
 
これまで会計ソフトを使うために必須であった複式簿記の知識は不要です。
(逆に、簿記の知識がある人は、最初は色々戸惑いがあると思います)
 
「効率化」のための工夫も色々施されています。
 
よく宣伝されているのは、銀行取引情報やクレジットカード取引情報を自動で取りこんで、仕訳までしてくれるという機能。
 
最初のうちは、取りこんだ情報を、ある程度、自分で内容判別して処理していく必要があるのですが、一度登録すると2回目以降は自動で処理してくれます。
そうすると、だんだん自動処理の比率があがり、ほとんど手で処理する必要が無くなってくるのです。
 
 
また、現金取引等での領収書の経理処理。これはスキャン機能というものがあり、これによって領収書やレシートを読み取って、自動で仕訳してくれる仕組みです。
 
私はスマホで撮影するのは面倒そうだし、専用スキャナは持っていないので、まだこの機能については使っていないのでなんとも言えませんが、スキャンを手軽かつ効率的に出来るのであれば良さそうです。
あとは、どの程度、読み取りの精度があるかですね。
ただ、実際やっている人の話を聞く限りですと、まだまだ課題ありの感じです。今後に期待ですね。
 
私は現金取引等の領収書は、エクセルインポートという機能を使って、一括で取りこむようにしています。
エクセルだと慣れた操作で同じような仕訳はどんどんコピペできるので、普通にfreee上から取引を入力していくより、かなり早くできると思います。
 
クラウド会計のデメリットとして、通常はインストール型ソフト(弥生会計など)と比べて、処理スピードが遅いという問題がありますが、このエクセルインポート機能を使えば、入力自体はインストール型ソフトと変わらないスピードでできます。
 
 
それから、給与処理と会計の連動もありがたいです。
当社は私含めて2人の会社ですが、社会保険や源泉所得税、住民税の徴収や支払いに絡む仕訳は結構ややこしいです。
これが給与の金額などを設定しておけば、数回のクリックで給与明細の発行、給与計上時の仕訳、給与支払いや社会保険納付時の仕訳までできるので、大変ありがたいです。
 
 
もしクラウド会計に興味が出てきた方がいれば、是非試してみましょう。
freeeは1ヶ月間は無料でお試しできます。
 
また、あまりお伝えしてこなかったですが、実は私はfreeeの認定アドバイザーに登録しているので、導入のお手伝いもできます。
ご興味ある方は一度お問い合わせください。⇒こちらからどうぞ

「おもてなし規格認証」を取っておくといいことがある?

2017年2月12日
サービス品質を「見える化」するための国の施策として、「おもてなし規格認証」があります。
 
 
先日、「おもてなし規格認証2017」として、「★(金認証)」「★★(紺認証)」「★★★(紫認証)」という上位認定も加りました。
 
「おもてなし規格認証2017」の登録サイトにアクセスして、自社の取組項目にチェックすると「おもてなし規格認証2017」マークと登録証がもらえます。
 
マークや登録証は、店頭などに掲出することができますので、みなさんが提供するサービスの品質や取組のPRにつながります。
 
 
先日ご紹介したIT導入補助金では、この認証の有無が審査に影響するようです。
 
また、これらの認証を取得することで、日本政策金融公庫などの政府系金融機関から低利融資が受けられる制度も今年の春からスタートするようです。
 
 
国としてはこの認証を推していく方針のようなので、まずは無料の紅認証を取っていただくのがよいのではないでしょうか。
 
詳しくは以下の「おもてなし規格認証」のウェブサイトをご覧ください。
https://www.service-design.jp/
12