仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

資本金1円の会社が財政的にNGな理由

2017年12月24日
以前のエントリー「会社を設立するときの資本金はいくらにすればよいのか?」にて、資本金1円の会社は作れるけれども止めた方が良いというお話をしました。
 
そこでは、1.信用面、2.財政面、3.税金面の3つの観点から資本金の金額について書きましたが、今回は財政面についてもう少し突っ込んだことを書いてみたいと思います。
 
 
初めに結論を書いてしまうと、1円会社が財政的にNGな理由としては、設立してすぐに債務超過になるからです。
 
会計に疎い方向けに債務超過について簡単に説明しておくと、資産(*1)よりも、負債(*2)の方が上回ることを言います。
 
*1)現預金や売掛金、商品在庫、土地や建物や設備といった会社の資産となるもの
*2)他人から借りてきたお金のこと。将来支払わなければならない買掛金や未払金なども含む
 
 
1円の資本金では会社の営業に必要なものは何も買えません。
 
例えば1円で会社を設立したとして、貸借対照表(B/S)は資産勘定に現預金が1円、負債勘定0円、自己資本勘定1円だとしましょう。
 
そこで100円のボールペンを買ったとすると、会社の現預金は1円なので、社長の個人的資金から不足分の99円を出したとします。
すると会計上は負債勘定に社長借入金として99円が計上されることになります。
 
それにより貸借対照表は資産勘定0円、負債勘定99円、自己資本勘定-99円となります。
ボールペン1本であっという間に債務超過になることがおわかりでしょうか。
 
 
では、なぜ債務超過がダメかというお話です。
当然、金融機関からの評価は厳しくなります。ここでは詳しい話はしませんが、債務超過というだけでお金は借りにくくなると考えてください。
 
また、各種補助金の審査にも不利になる場合があります。
補助金の申請の際、財務諸表の提出が求められる場合がありますが、審査基準に「財務体質の健全性」が入っている場合、債務超過というだけで最低点に近い評価を付けられてしまう恐れがあります。
 
それから、何かの取引を始めようとした際に、相手先から信用調査をされて債務超過が発覚すると、取引見送りという判断をされてしまう恐れがあります。
 
 
このように、債務超過という事実は、会社の財政状態にかなり悪い印象を与えてしまうのです。
 
ですので、できれば最低限、通常に営業している範囲においては債務超過にならない程度の資本金を準備した上で会社設立にのぞみたいところですね。

面白そうな海外展開支援サービスご紹介

2017年12月17日
先日、東京都大田区で開催された「SWBS海外展開支援者ミーティング2017」に参加して、弊社サービス「中国市場開拓ワンストップ支援」をプレゼンしてきました。
 
その際、他社様のサービスで面白そうだなと思ったものをいくつかご紹介させていただきます。
 
 
◆セカイコネクト(COUXU株式会社様)
http://world-conect.com/  
海外企業に提案をしたい日本企業が30秒後に提案出来るツール
世界30ヶ国に販路開拓をする事ができます。
海外企業が日本企業から何を欲しているか?
日本企業に海外バイヤー企業が求めている商流情報を提供させて頂き、日本企業から商品提案・提供をして頂くというサービスです。
(COUXU株式会社様のWebサイトより抜粋)
 
 
◆クラウドファンディングを活用した海外販路開拓(UUeki株式会社様)
http://uueki.co.jp/services/sellabroad/
 
伝統工芸の技術などを駆使した『新商品候補』に対する反応を世界中に問うと同時に、製品化のための資金をクラウドファンディングにより調達するサービス。
(UUeki株式会社様のWebサイトより抜粋、一部修正)
 
 
◆THIMPLE World Trade(株式会社XWORK様)
http://jp.thimple.trade/
 
商品を登録するだけで海外バイヤーとのマッチングや貿易取引、決済ができるプラットフォームです。
商品登録をするとバイヤーより商品に関する意見や感想などのフィードバックが得られるので市場判断にも活用できます。
(株式会社XWORK様のWebサイトより抜粋、一部修正)
 
 
◆ヤラクゼン(八楽株式会社様)
https://www.yarakuzen.com/
 
まとまった翻訳を、限られた予算と期間で。
自動翻訳、クラウド翻訳・機械処理等により、目指す「品質」「コスト」「期間」のバランスを翻訳ツール ヤラクゼンが実現します。
(八楽株式会社様のWebサイトより抜粋)
 
 
◆NeedsArch(株式会社ニーズアーチ様)
http://www.needsarch.com/services
 
インバウンド向けの顧客リサーチサービス。
在日外国人モニターを活用した、グループインタビュー/デプスインタビュー、会場調査、覆面調査(ミステリーショッパー)、現地調査(モニターツアー)などのサービスを提供。
(株式会社ニーズアーチ様のWebサイトより抜粋、一部修正)
 
 
以上、皆様の海外展開にお役に立てる情報があれば幸いです。

信頼獲得ツールとしてのFacebook活用法 後編

2017年12月11日
前回エントリーでは、「信頼獲得ツールとしてのFacebook活用法 前編」ということで、基本データ(プロフィール)の整備ポイントについて書きました。
 
後編となる今回は投稿内容についてのポイントを書きます。
 
 
セオリーとしては、皆さんのFacebookの読者の方が誰なのかを意識した上で、その方々にとって役に立つ情報やノウハウを提供することで、皆さんが「そのジャンルの専門家であること」を読者の方に認めてもらい、信頼を獲得するという流れです。
 
例えば、花屋であれば「花に関する情報やノウハウ」、薬局であれば「健康に関するノウハウ」、不動産関連であれば「住まいを快適にするノウハウ」など、さまざまなアイデアがあるかと思います。
 
こういった「会社やお店の専門知識を活かしたノウハウ」に関する情報を定期的に受け取ることにより、読者の方は次第に「あの会社は、この分野で信頼できる会社だ」と思うようになります。
 
その他に、皆さんの仕事に対する熱意、考え方、こだわりなどを発信するのもよいでしょう。
 
 
逆に注意した方がよい投稿内容についても触れておきます。
何度もニュースになっていますが、FacebookをはじめとするSNSへの書き込みがきっかけで「炎上」と呼ばれるトラブルに発展した例はたくさんあります。
 
基本的に、次のようなものは発信しない方が無難です。
「悪口や批判、愚痴などのネガティブな情報」、「個人情報」、「守秘義務に反するクライアントや協力会社の情報」、「必要以上の社内の情報」、「政治、宗教、思想といった、人によって意見が分かれるテーマ」
 
自分では「そんなつもりじゃなかった!」と思う投稿が、思わぬトラブルを生む例もめずらしくありません。
捉え方が人によって異なる恐れのある情報発信は、できるだけ行わないように心がけましょう。
 
また、社長自身が発信する場合は自分が気を付ければよいのですが、難しいのは社員の方が発信する場合です。
その場合は社内で情報の内容についてのルールを決めて、初めのうちは必ず社長のチェックを経てから発信するようにした方が無難です。
 
 
以上、信頼獲得ツールとしてのFacebook活用法でした。
ご参考になれば幸いです。