仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

初心にかえるための方法

2016年10月23日
本日は中小企業診断士の二次筆記試験でした。
私は例年通り、運営委員兼試験監督として仙台会場におりました。
 
受験された皆さま、大変お疲れ様でした!
結果はともかく、これでいったん勉強からは解放されますね。
私も試験終了後は解放感に浸ったものです。
とりあえずビールですかね(笑)
 
 
試験会場で受験生の方々を見ていると、自分もほんの数年前は受験生だったことを思い出します。
 
今でこそ、色々な方からお声掛けいただいたおかげで、お仕事には恵まれておりますが、決して驕らず、常に謙虚でありたいものです。
虚心使人进步,骄傲使人落后(謙虚は人を進歩させ、傲慢は人を落後させる)です。
 
そのためにも定期的に初心にかえることも必要だと思っています。
診断士以外でも、企業経営者の方であれば、「そもそも何故自分はこの事業を始めたんだっけ?」ということは、時々思い出すと、あらためて事業の目的や会社の存在意義を見直すことができるでしょう。
 
では、その初心を忘れないようにするための方法ですが、例えば手帳に書いておく、紙に書いて壁に貼っておくなど様々な方法があると思います。
ちなみに、私は「中小企業診断士を目指す理由」、「経営コンサルタント事業をやる理由」などをEvernoteにメモとして残しています。
 
要は気軽に見直しやすいところに書いておき、節目、節目で再確認をするということですね。
 
こうして書くと別になんということでもありませんが、実際やってみると意外に初心を振り返ることで得られる気付きは色々ありますよ。