仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

12

家族がいるからこそ頑張れる

2016年7月10日
一部の方にはお伝えしましたが、先日、第二子が産まれました。
下の子も女の子です。女性に囲まれて私は幸せ者です(笑)
 
しかし、赤ちゃんが産まれると様々な手続きや検診、予防接種をこなしていかなければなりませんし、何よりもまたあの「夜泣き」が始まると思うと、ちょっと憂鬱です。
 
長女の時はなかなか大人しく寝てくれない赤ん坊を抱えて、夜な夜な徘徊していたものです。(嫁さんは昼間のお世話でお疲れなので、当然に夜は私が担当になっておりました)
 
そんな中でも睡眠時間は確保しないと死んでしまうので、必然的に仕事に充てられる時間というのもだいぶ制約を受けてしまいます。
 
自営業なので残業という概念はないのですが、夜や休日は不要不急の用では動きにくくなったことは確かです。
 
 
そもそも、赤ん坊に限らず、子どもや嫁さんがいれば、彼ら彼女らのために、自分の時間を割くことになります。
 
「家族のために使っている時間がもったいない。この時間を仕事やスキルアップのために使った方が有意義なのではないか」
 
このように考えたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
 
しかし、これは私に限ったことなのかもしれませんが、いざ、長期帰省などで家族が一時的に不在になっても、普段以上のパフォーマンスが発揮できるわけでもなく、逆に時間に余裕があると思ってだらけてしまうことが多かったのが実際のところです。
 
また、家族とのなにげないやりとりが己の活力となることも多々ありました。
うちは幸いにも、家族仲は良い方だと思いますが、それはやはり、一定以上、共に過ごす時間を作ってきたからです。
 
バランスの問題はあるかもしれませんが、「家族がいるからこそ頑張れる」という面は否定できないと思っています。
 
 
このエントリーを書きながら気付いたのですが、このバランスを考えることが、ワークライフバランスへの取り組みの第一歩なのではないでしょうか。
 
近年、社会的には「企業のホワイト化」が求められていますからね。
当社も率先して考えていきたいと思います(笑)

「中小企業越境ECマーケティング支援事業に係る補助金」が公募されています

2016年7月3日
6/30(木)から、中小機構で「中小企業越境ECマーケティング支援事業に係る補助金」の第1期募集が行われています。
http://crossborder.smrj.go.jp/subsidy.html
 
この補助金は越境ECサイトを新たに構築するための費用、もしくは当該越境ECサイトのプロモーション費用に対する補助となります。
上限は100万円で、補助対象経費の2/3が補助されます。
 
注意点としては、当該サイトの販売対象国が、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)交渉参加国を主たる対象としていることが応募要件に入っているという点です。
これは国のTPP交渉参加国向け輸出を強化するという方針に沿ったものなのでしょう。
 
また、既に越境ECによる販売の計画が一定以上の精度である事業者を対象としているという点です。
 
先日、中小機構で越境ECについての勉強会が全国で開催されていましたが、それの参加者企業を想定しているような気がします。
とはいえ、応募要件として、勉強会の参加は求められていないので、相応の計画を持っていれば採択可能性はあるのかもしれません。
 
第1期募集期間は、平成28年6月30日(木曜日)~平成28年7月29日(金曜日)17時(必着)です。
 
また、中小機構からの情報によれば、平成28年8月31日(水曜日)~平成28年9月30日(金曜日)17時(必着)で第2期募集もあるようです。
 
詳しい内容は、中小機構の以下のサイトをご覧ください。公募要領等もこちらからダウンロードできます。
http://crossborder.smrj.go.jp/subsidy.html
 
TPP交渉参加国向けにネット販売(越境EC)をお考えの方は応募を検討してみるのもいいかもしれませんね。
12