仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 合同会社ジェイドキャット 代表社員 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

「中小企業越境ECマーケティング支援事業に係る補助金」が公募されています

2016年7月3日
6/30(木)から、中小機構で「中小企業越境ECマーケティング支援事業に係る補助金」の第1期募集が行われています。
http://crossborder.smrj.go.jp/subsidy.html
 
この補助金は越境ECサイトを新たに構築するための費用、もしくは当該越境ECサイトのプロモーション費用に対する補助となります。
上限は100万円で、補助対象経費の2/3が補助されます。
 
注意点としては、当該サイトの販売対象国が、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)交渉参加国を主たる対象としていることが応募要件に入っているという点です。
これは国のTPP交渉参加国向け輸出を強化するという方針に沿ったものなのでしょう。
 
また、既に越境ECによる販売の計画が一定以上の精度である事業者を対象としているという点です。
 
先日、中小機構で越境ECについての勉強会が全国で開催されていましたが、それの参加者企業を想定しているような気がします。
とはいえ、応募要件として、勉強会の参加は求められていないので、相応の計画を持っていれば採択可能性はあるのかもしれません。
 
第1期募集期間は、平成28年6月30日(木曜日)~平成28年7月29日(金曜日)17時(必着)です。
 
また、中小機構からの情報によれば、平成28年8月31日(水曜日)~平成28年9月30日(金曜日)17時(必着)で第2期募集もあるようです。
 
詳しい内容は、中小機構の以下のサイトをご覧ください。公募要領等もこちらからダウンロードできます。
http://crossborder.smrj.go.jp/subsidy.html
 
TPP交渉参加国向けにネット販売(越境EC)をお考えの方は応募を検討してみるのもいいかもしれませんね。