仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 翠星企画株式会社 代表取締役 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

12

勉強を習慣化する方法(1/2)

2015年6月30日
何度かこのブログでも書いていますが、経営者たるもの、学ぶべきものは多岐にわたります。
しかし忙しい経営者が時間を確保して勉強をするというのはなかなか大変。
特に勉強期間が長期にわたるテーマの場合、長い間勉強し続ける必要があります。
 
長期間の勉強というのは、勉強の習慣が身についていないと、なかなか継続は難しいのではないでしょうか。
そこで、今回は自分自身が会計士試験や診断士試験などのいわゆる難関資格の勉強を通じて得た、「勉強を習慣化する方法」について、2回にわたって書いていきたいと思います。
 
しかし、勉強の習慣化は口で言うほど簡単なことではありません。
私などは、お恥ずかしい話ですが、勉強だけしていればよかった学生時代でさえ、ほとんど勉強の習慣はありませんでした。
 
親や教師からは散々、「毎日1時間でも2時間でも机に向かうこと習慣をつけることが重要」などと言われていたのですが、机に向かったはいいものの、隠れてゲームで遊んだり漫画を読んだりしている始末でした。
 
それでも、たまにはそろそろ真面目にやらなければということで、思い出したように勉強をすることもあったのですが、飽きっぽい性格もあって、なかなか長続きしませんでした。
 
時間に余裕がある学生時代でさえこんな体たらくだったのだから、社会人になってからはなおさら勉強の習慣を身に付けるのは大変です。
 
普段は仕事や家庭のことで忙しい社会人の方々は、元々自由になる時間が少ない上に、日々発生する突発的事情により突然、貴重な時間が奪われてしまうことがしばしばあるでしょう。経営者ならなおのことです。
 
そんな中で勉強を習慣化せよと言われてもなかなか難しい。「忙しいのだから仕方がない」と諦めてしまっている方も多いのではないでしょうか。
 
しかし、ある時知ったのですが、勉強の習慣化には、きちんと方法論があるのです。
 
最初は私も半信半疑で、自堕落の性格の自分には難しいだろうと思っていました。
ただ、このままの自分ではいけないと思い、人から教わった方法、本で読んだ方法、自分なりに考えた方法を色々取捨選択して取り組んでみたところ、相当の効果があることがわかりました。以下にその4つの方法論を記します。
 
1.目的、目標、手段を明確にする
2.生活パターンの中に勉強を組み込む
3.誰かに見ていてもらう
4.己への誓い
 
1.目的、目標、手段を明確にする
当たり前のことかもしれませんが、この「目的」、「目標」、「手段」の3つを明確にして、決してごっちゃにしないということです。私が中小企業診断士試験を勉強した時の場合は、以下の通りです。
 
目的→将来に渡って企業経営を軸とした仕事に従事し続ける。
目標→1年でも早く目的を達成できるように2012年の診断士試験に合格する。
手段→診断士試験合格に向けて必要な勉強を行う。
 
これらをはっきりさせると、自分がいったい何のために、何に向かって、何をしなければならないのかが明確になり、勉強に対するモチベーションが上がります。
 
是非、この目的、目標、手段については、ご自分の手帳なり、スマホのメモなり、すぐに見ることの出来るところに文章で書いておいてください。
もし途中で勉強に飽きた、モチベーションが上がらないといった時には、それを見ることで初心を思い出して、もう少し頑張ってみようかという気になってくるはずです。
 
2.生活パターンの中に勉強を組み込む
これは端的に書くと、勉強を意識しないで出来るくらいに生活の一部にしてしまうということです。
 
例えば、食事をした後は歯を磨くと思うのですが、歯磨きを意識しなければできなかったり、継続が難しいと感じる人はあまりいないと思います。これと同じように、勉強も生活の一部として意識しないでも出来るようになると勉強が習慣化できたと言えるでしょう。
 
これをやるコツとしては、勉強の前に何かきっかけを作ることです。
例えば、朝起きて朝食を食べた、電車に乗って座ることが出来た、ちょっと時間が出来て喫茶店に入った、夜帰宅して風呂に入ったなどでかまいません。そしてその後は必ず勉強の時間にしてください。最初は意識しないと出来ないと思いますが、これを何度も繰り返していると、いつの間にか電車に乗って座ったら無意識にテキストを開く自分がいることでしょう。
 
このきっかけとなる行動をした後、勉強が出来ていないと気持ち悪いと感じるようになっていれば、習慣化できたと考えてよいです。食事をした後、歯を磨かないと気持ち悪いですよね。それと同じです。
 
今回の2つは比較的色々なところで言われていることなので、聞いたことのある方も多いかもしれません。
残りの2つはちょっとマニアックで危険な方法です。どうぞお楽しみに!
 
—  
勉強会やります!
 
今回のテーマは「経営者が最低限知っておくべき財務諸表の肝」。
一見、数字の羅列にしか見えない財務諸表を意味あるものとして把握し、経営に役立てるための方法についてお話したいと思います。
普通の「会計のお勉強」とは一味違った学びがあるはずです。
 
日時:2015年7月11日(土)15:00 – 17:00
テーマ:経営者が最低限知っておくべき財務諸表の肝(予定)
想定参加者:財務諸表が読めるようになりたい経営者または創業希望の方
参加定員:10名
場所:仙台市戦災復興記念館 4階第5会議室(仙台市青葉区大町二丁目12番1号)
会費:2,000円(当日現金にて)
お申込みはこちら
 
終了後は懇親会も予定しております。
皆さまのご参加、心よりお待ちしております。

経営者が数字を勉強するべき理由

2015年6月21日
勉強会でも繰り返しお話しておりますが、経営者にとって、数字を使った経営判断能力は非常に重要です。
 
なんとなく難しそうなイメージがあるので、苦手とされる方が多いのは事実です。
しかし、数字を使わずに、勘だけに頼ってきちんと経営判断が出来るのでしょうか。
特に小さな会社は、1つの経営判断ミスが致命的な事態を引き起こします。
 
自社の商品をいくらで販売するか、ある仕事を受注するか否か、ある新規事業を開始するか否か・・・こういった判断をなんとなくの思いつきで行って、本当にうまくいくと思いますか?もっと言ってしまうと、その判断に貴重な資金を賭けることができますか?
 
もちろん、数字を使って論理的に判断したからといって、100%上手くいくとは限りません。しかし、大きく勝率は上げることはできるのです。また、失敗した時のダメージを軽減することもできます。
 
そのためにも、まずは数字で経営を考える力を身に付けるべきだと考えています。
勉強会で同じ話を繰り返すのもそのためです。
 
数字は訓練で誰でも身に付けられ、かつ、流行にも左右されない不変的な能力です。
汎用性が高く、勉強のコストパフォーマンスも高い。
数字を勉強しないで他に何を勉強するの?と言いたくなります。
 
ちなみに、9割の経営者は数字が苦手といわれています。
ということは、逆にここで数字が得意になれば、残り1割の頭抜きに出た存在になれます。つまり、それだけで他社との差別化要因となるということです。
 
数字を身に付けるための具体的な方法については、勉強会などを通じてお伝えしていきたいと思います。
大変かもしれませんが、是非、一緒に頑張りましょう!
 

 
というわけで、勉強会やります!
 
今回のテーマは「経営者が最低限知っておくべき財務諸表の肝」。
一見、数字の羅列にしか見えない財務諸表を意味あるものとして把握し、経営に役立てるための方法についてお話したいと思います。
普通の「会計のお勉強」とは一味違った学びがあるはずです。
 
日時:2015年7月11日(土)15:00 – 17:00
テーマ:経営者が最低限知っておくべき財務諸表の肝(予定)
想定参加者:財務諸表が読めるようになりたい経営者または創業希望の方
参加定員:10名
場所:仙台市戦災復興記念館 4階第5会議室(仙台市青葉区大町二丁目12番1号)
会費:2,000円(当日現金にて)
 
お申込みはこちら
 
終了後は懇親会も予定しております。
皆さまのご参加、心よりお待ちしております。

2015年7月「失敗しないための経営勉強会 in 仙台」を開催します!

2015年6月14日
仙台ではここ一週間暑い日が続きました。関東や関西などはもっと暑いのでしょうね。
うちの娘は気温の変化のせいか風邪をひいてしまいました。
皆さんはくれぐれもお気を付けください。
 
さて、今日は勉強会のご案内です。
7/11(土)の15:00から、「失敗しないための経営勉強会in仙台」を仙台市戦災復興記念館で開催いたします。
前回の開催報告はこちら
 
今回のテーマは、ご要望の多かった財務諸表についてです。
題して「経営者が最低限知っておくべき財務諸表の肝」。
 
数字が苦手な方にとって、財務諸表は数字の羅列にしか見えないという方もいらっしゃるかもしれませんが、自分の会社の実態をつかみ、会社を存続・成長させるための意思決定をしていくためには、財務諸表の理解は必要不可欠です。
 
いっけん難しそうなイメージがある財務諸表ですが、一度ポイントをつかめば面白いように読めるようになります。
 
今回は経営者の方が最低限身に付けて置くべき内容に絞ってお伝えしますので、「今までどんぶり勘定でやってきたけど、本当は財務諸表くらい読めるようになりたいんだよな」という経営者の方、または起業しようと考えている方は是非今回ご参加ください。
 
あまり堅苦しい雰囲気で、気楽に楽しく、そして本当に使える知識や考え方を学べる会です。
「雰囲気はユルく、内容は”ガチ”」をモットーにしていきたいと思っております。
 
日時:2015年7月11日(土)15:00 – 17:00
テーマ:経営者が最低限知っておくべき財務諸表の肝(予定)
想定参加者:財務諸表が読めるようになりたい経営者または創業希望の方
参加定員:10名
場所:仙台市戦災復興記念館 4階第5会議室(仙台市青葉区大町二丁目12番1号)
会費:2,000円(当日現金にて)
お申込みはこちら
 
終了後は懇親会も予定しておりますので、経営者、または創業希望者の方の交流の場にできればと考えております。
今回は限定10名の募集となります。
 
皆さまのご参加、心よりお待ちしております。
12