仙台・宮城の中小企業診断士 / 経営コンサルタント 合同会社ジェイドキャット 代表社員 細野哲平ブログ

東北地方の中小企業経営者が会社を経営していくうえで
役立つであろう内容を中心にお届けしていきます。

クラウドソーシングを使うために必要な2つのスキル

2015年2月11日
クラウドソーシング紹介シリーズ第5弾!
 
過去のシリーズは↓からどうぞ。
1.クラウドソーシング・プロデューサーに認証されました
2.その仕事、「全国」にいるプロフェッショナルに任せてみませんか?
3.クラウドソーシングって結局何が出来るの?
4.13サイトご紹介!あなたに最適なクラウドソーシングサイトはどこ?
 
前回の記事では、様々なクラウドソーシングサイトをご紹介しました。
 
クラウドソーシングは上手く使えば企業力向上につながる有用な手段ですが、期待する効果を出すためには必要なスキルがあります。今回はクラウドソーシングを使うために必要な2つのスキルをご紹介したいと思います。
 
さて、その2つのスキルとは・・・ITリテラシー(活用能力)と発注スキルです。
 
1.ITリテラシー
・パソコンで画面に文章を入力し、メッセージやファイルのやりとりをする力
・オンラインサービス上で、自分の求める仕事や人材の情報を検索する力
・Skype、チャットなどコミュニケーションツールを使い分ける力
・オンラインサービス上で金銭授受や契約手続きを行う力
 
2.発注スキル
・依頼したい仕事の内容を整理し、要件定義する力
・相手に仕事をしてもらうために必要な情報を判断し、適宜提供する力
・相手の立場を理解し、分かりやすく、気遣いのある文章を書く力
 
ITリテラシーの方は、パソコンが苦手な方にとっては少々難しく感じるかもしれませんが、初めのうちは誰かにサポートしてもらいながら、徐々に慣れていくというのがよいでしょう。
 
発注スキルの方は、クラウドソーシングだからということではなく、従来の外注でも必要な能力かと思います。もしこれまであまり外注した経験が無いという方でも、きちんと訓練すれば身につけられる能力です。要はいかに相手のことを理解し、相手にも自分の伝えたいことを理解してもらうかということだと思います。
 
2/24(火)には、クラウドソーシングの活用方法をご紹介するセミナーを開催いたします。今回ご紹介した2つのスキルについてもより具体的にお話しますので、どうぞご期待ください!
 
中小企業のためのクラウドソーシング活用セミナー
「知らなきゃ損!クラウドソーシングによる新たな人的資源活用法」
日時:2015年2月24日(火)19:00~20:30
場所:仙台市戦災復興記念館 4階 第4会議室 地図・アクセス
費用:無料
 
お申込みはこちらのページの「お申込みはこちら」からどうぞ。
 
セミナー後に会場近辺で懇親会も予定しています。(会費:4,000円)
クラウドソーシングのより突っ込んだお話はもちろんのこと、クラウドソーシングに興味を持った方同士の交流の機会にできればと思います。

合同会社ってどんな会社?

2015年2月8日
今更ながらではありますが、未だに名刺交換すると「合同会社って何?」と聞かれることが多いので、今回の記事で説明しようと思います。
 
合同会社は平成18年(2006年)施行の会社法によって新たに設けられた会社形態です。
「合同」という名前から、複数人で設立する会社と誤解する方もいらっしゃるのですが、1人で設立可能です。当社(合同会社ジェイドキャット)も1人で設立しました。
 
ざっくり言ってしまうと、株式会社の簡易版、または今は新規設立出来ない有限会社に近いイメージです。
 
合同会社の代表者は「代表社員」という名称となります。
これもまた誤解を生みそうな名称で、名刺交換すると、「え?あなたが社長ってこと?」と言われることもしばしばあります。
 
もうそろそろ誕生してから10年近く経つ合同会社ですが、なかなか一般には浸透しないものですね。
ちなみに有名な企業だと、iPhone等で有名なApple Japanやスーパーの西友なども合同会社です。
 
合同会社のメリットとしては、設立費用が安い(株式会社の半分程度)、運営費用が安い(役員の任期の定めが不要のため更新登記が不要)、運営が簡易的(決算の公示義務無し、株主総会不要)あたりが挙げられます。
 
逆にデメリットは、マイナーな名称のため取引先から不審に思われる可能性がある、株式会社と比べると対外的信用度が低い、外部からの出資が受けにくいといったところでしょうか。
 
当面は1人、もしくは限られた人数で運営し、組織としての体裁を求める顧客がほぼいない、広く資本を集める必要がないのであれば、基本的には合同会社でもよいと思います。
 
なお、合同会社から株式会社への変更もできるので、途中から組織の方針が変わっても大丈夫です。

13サイトご紹介!あなたに最適なクラウドソーシングサイトはどこ?

2015年2月4日
クラウドソーシング紹介シリーズ第4弾!
 
過去のシリーズは↓からどうぞ。
1.クラウドソーシング・プロデューサーに認証されました
2.その仕事、「全国」にいるプロフェッショナルに任せてみませんか?
3.クラウドソーシングって結局何が出来るの?
 
前回の記事では、クラウドソーシングの具体的な事例をご紹介しました。
今回は多数あるクラウドソーシングサイトの中からいくつかをご紹介したいと思います。
大きく分けると、様々なタイプの案件が掲載されている「総合型」と、翻訳、写真、記事ライティングなどの専門案件に特化した「特化型」があります。
 
初めてクラウドソーシングを使う方は、まずは利用者が多く、サポートも充実している総合型から始めてみることをお勧めします。
 
総合型
・クラウドワークス
成長率No.1のクラウドソーシングサイト。運営企業のクラウドワークスは2014年12月に東証マザーズに上場しています。登録ユーザー数23万人以上、利用企業数は4.2万社以上と、クラウドソーシング業界の中でも大手と言えるでしょう。
様々な種類の案件が掲載されており、大企業や政府・地方自治体も積極的に活用しています。
 
・ランサーズ
登録ユーザー40万人、利用企業者数10万社の、日本最大級のクラウドソーシングサイト。仕事カテゴリは141種類と数多く、大手企業、自治体・中小ベンチャー企業までが活用しています。
 
・ジョブハブ
人材活用のリーディングカンパニーであるパソナグループが展開するクラウドソーシングサイトです。
独自の機能としては、契約書オンライン発行、源泉徴収対応などがあります。また、パソナテックが業務を一括して請け負う仕組みもあります。
 
特化型
・エニタイムズ
家具の組み立てやハウスクリーニングなど、日常生活の困りごとをサポート。
 
・ユニコンくん
・Shinobiライティング
記事ライティング代行サービス。
 
・東京半訳
テープ起こし、文字起こし専門サービス。
 
・テステラ
Web、アプリなどのテスター依頼サービス。
 
・シェアde顧問
士業に相談・質問ができるクラウド顧問サービス。
 
・ピクスタ
商用利用・加工できる写真を提供するサービス。
 
・クレボ
動画制作・映像制作のクラウドサービス。
 
・コニャック
・Gengo
翻訳を依頼したい人と翻訳者のマッチングサービス。
 
2/24(火)には、クラウドソーシングの活用方法をご紹介するセミナーを開催いたします。ケーススタディなども取り入れて具体的な使い方がわかるセミナーとなっています。ご期待ください!
中小企業のためのクラウドソーシング活用セミナー
「知らなきゃ損!クラウドソーシングによる新たな人的資源活用法」
 
日時:2015年2月24日(火)19:00~20:30
場所:仙台市戦災復興記念館 4階 第4会議室 地図・アクセス
費用:無料
お申込みはこちらのページの「お申込みはこちら」からどうぞ。
 
セミナー後に会場近辺で懇親会も予定しています。(会費は4,000円を予定)
クラウドソーシングのより突っ込んだお話はもちろんのこと、クラウドソーシングに興味を持った方同士の交流の機会にできればと思います。